つくしの雑記

シャンプーとボディーソープの違いとは?気になったので調べてみました

シャワーをするとき、またはゆっくりお風呂に入る時に、シャンプーとボディーソープを使い分けていると思います。

 

私もそうです。

でも、「ちょっと面倒だな……」と感じたこと、ありませんか?

急いでいるとき、疲れているとき一気に全身洗えたらいいのに……とか。

 

そんな思いになる人も少なくないはずです。

でも実際にやってみると、そう簡単な話じゃないということもわかります。

今回はシャンプーとボディソープの違いについて調べてみました。

 

シャンプーとボディソープの違いとは?成分?

シャンプーとボディソープの違いは何でしょうか?

簡単に考えれば、どちらも体の一部を洗う洗浄力を持った「石鹸」のようなもの。

ですが、シャンプーは髪専用、ボディーソープは体専用のものであるということです。

 

そして、その二つの違いで一番大きいのは「成分」です。

洗浄成分においては、シャンプーもボディソープも、はたまた歯磨き粉まで、ほぼ同じだと言います。

シャンプーでもボディソープでも、洗浄成分がアミノ酸系のものもあれば、界面活性剤系のものもあります。

どちらにしても洗浄成分としてはたいした違いがないのです。

成分には大きな違いがないのですが、その配合されている分量の割合などが少しずつ違ってくるのです。

 

でも、大きな違いがあります。

それは「シリコン」です。

 

シャンプーにはシリコンが入ってるものが多いですね。

もちろん、最近ではノンシリコンの天然由来の成分を使ったシャンプーも人気を集めていますが、シリコン入りが多く市販されています。

このシリコンは、髪の毛に幕をつくって保護する役割をしているのです。

 

ノンシリコンシャンプーを使ったことがある人はわかると思いますが、最初のうちは髪がきしんだり、ブラシの通りが悪かったりしますよね。

私も一時、ノンシリコンシャンプーを使っていましたが、最初はちょっときしむかなと思っていましたが、何度か使っているうちに髪もサラサラになりました。

これはノンシリコンシャンプーでも、髪をサラサラにするための他の成分が配合されているためです。

シリコンはこうしたキシミを防ぐために、髪のキューティクルを開かないようにしてくれ、ブラシの通りをよくし、サラサラの髪にしてくれるものなのです。

 

シャンプーで身体を洗ったらどうなる?

では、そんなシャンプーで身体を洗ったらどうなるでしょうか?

実際にシャンプーで洗ってみた人の感想を聞くと……

  • 洗いあがりがヌルヌルしたり、べとべとしたりした
  • 肌が荒れてしまった

というものがありました。

その理由はどこにあるのでしょうか?

 

シャンプーはボディソープより洗浄力が強い?

実はシャンプーはボディソープよりも洗浄力が強く作られているのです。

その理由は何でしょうか?

 

シャンプーは頭皮の汚れと髪の汚れを落とすために使うものですよね。

頭皮には顔のTゾーンの約3倍の皮脂腺があるんです!

ということは、Tゾーンよりもさらに多い皮脂が発生し、脂っぽくなるわけなんですね。

さらには角質や汗なども加わって、頭皮の汚れを落とすには、洗浄力の強いものが必要ということになります。

 

では、髪の毛はどうでしょうか?

何もつけないという人もいるかもしれませんが、ワックスやスプレーなどのスタイリング剤を使ってる人も多いでしょう。

こうしたスタイリング剤も強い洗浄力のあるシャンプーでないと、しっかり落ちないこともあります。

 

このように、ボディソープよりもシャンプーのほうが洗浄力が強くなっているのです。

そして、そんなシャンプーの中でも洗浄力の強さには違いがあります。

シャンプーを洗浄成分で分類すると、

  • 高級アルコール系シャンプー
  • アミノ酸系シャンプー
  • 石鹸系シャンプー

に分けることができます。

 

ご存じのようにアミノ酸系シャンプーは洗浄力も比較的弱く、つまり刺激が少ないので、お肌の弱い人や敏感肌の人にもおすすめです。

しかし、

高級アルコール系シャンプーや石鹸系シャンプーは洗浄力が強く、シャンプーとして使う場合にも、お肌の弱い人は避けたほうが良いものなのです。

なので、洗浄力の強いシャンプーで身体を洗う場合には、お肌の弱い人は肌荒れの原因にもなりますので、十分気を付けてくださいね。

 

お肌の弱い人、敏感肌の人は洗浄力の強いシャンプーで身体を洗うということは避けたほうが良いでしょう。

 

シャンプーで全身を洗うとスッキリしない理由

また、シャンプーで全身を洗うとヌルヌル感やべとべと感が残る、つまりスッキリ洗いあがらない理由はどこにあるのでしょうか?

 

先述したとおり、シャンプーには髪を滑らかにするためのシリコンが配合されています。

このシリコンを普通の肌に使うと、どうしてもお肌にヌルヌル感やべとべと感が残ってしまうのです。

また、シャンプーは髪が絡まないように泡が多くたつように作られてもいるのです。

洗浄力も強く、泡も多くたつとなると、洗い流した後にも、何か残っている感じが気になってしまいますよね。

普通に髪をシャンプーで洗った場合でも、洗い流すのは念入りにと言われています。

もし、シャンプーで身体を洗ったら、洗い流す時間を2倍くらいにしないと、このスッキリ感がなかなか得られないかもしれません。

 

シャンプーの成分が頭皮や髪に残っているとべたつきの原因になったり、毛穴をふさいでしまったりと悪影響があるように、身体のお肌に残ってしまった場合にも、肌荒れの原因になりかねないので気を付ける必要がありますね。

 

ボディーソープで髪の毛を洗ったらどうなる?

では、逆に、ボディソープで髪の毛を洗ったらどうなるでしょうか?

わざと時間を短縮するために、ボディソープで髪の毛まで洗ってしまうという人もいるかもしれません。

また、おふろ場のインテリアのために、シャンプーもリンスもさらにボディソープも同じボトルに入れているという場合には、つい、間違えて使ってしまった!なんてこともあるんですね。

 

シャンプーで身体を洗ってしまったり、逆にボディソープで髪の毛を洗ってしまったり。

こんな失敗、ありえます。

 

先述したように、ボディソープには「シリコン」が入っていません。

そして洗浄力もシャンプーよりは弱いのです。

そんなボディソープで髪を洗ったら、髪にも影響がありそうです。

 

ボディソープがもたらす髪への影響は?

具体的にボディソープは髪にどんな影響をもたらすでしょうか?

 

ボディソープで髪を洗うと、

  • シャンプーよりも泡立ちが悪くて多くのボディソープを使う
  • 髪がぱさつく、きしむ
  • キューティクルが傷む
  • 汚れが落ちにくく、皮脂を落としきれずべたつく

などが考えられます。

 

キューティクルを守ってくれるシリコンがなければ、キューティクルが傷つく可能性もありますね。

また、ボディソープはシャンプーよりも洗浄力が弱いので、髪の脂っぽさが残ってしまう可能性もあります。

頭皮や髪の汚れが落としきれずに、スッキリ感がない洗いあがりになることも考えられますね。

 

もちろん、1度や2度、間違えて洗ったからといて、ものすごく傷ついたりすることはありませんが、長い間続くと、髪が傷んでくるので、間違えないように気を付けるのが一番です。

 

ボディソープで髪を洗うと髪がきしむ理由

ボディソープで髪を洗うと、髪がきしみます。

キシキシしたり、ブラシの通りが悪くなったり、ひどいときはごわごわしたり、髪の状態が悪くなる可能性がありますね。

ボディソープには「シリコン」が入っていません。なので、髪の毛のキューティクルを保護することができなません。また、髪を滑らかにする成分が入っていないので、きしむわけです。

ブラシの通りもよくないですし、キューティクルが傷ついて髪が傷む原因にもなります。

 

では、間違えてボディソープで髪を洗ってしまった!というときには、どうしたらよいでしょうか?

髪がきしむのを和らげるために、できることがあります。

それはおうちにあるものを使った「リンス」です。

 

お酢やクエン酸をお湯にいれて、そこに髪の毛をつけます。

私もノンシリコンシャンプーを使ったときにも、髪のきしみを和らげるために、クエン酸入りのリンスを使ったり、お酢でリンスしたこともあります。

もっとも、お酢でリンスすると、ツンとしたニオイが気になる人もいるかもしれませんが……

でもニオイはお湯で流すと気にならなくなります。大丈夫です。

そうした後にトリートメントをするとさらに効果的です。

 

髪の毛も体も一緒に洗えないか

忙しい朝にシャワーをしたり、夜も疲れていて、シャンプーもボディソープも使い分けがめんどくさいなんていうこともあります。

そんなときに、髪の毛も体も一緒に洗えたらいいのに~と思う人も多いですよね。

また、シャンプーやリンス、そしてボディソープと買い分けるのも面倒だったり、一つにまとめたらもっと経済的ではないか?と考える人もいるでしょう。

さらには、旅行やお友達の家に泊まりに行くときなど、シャンプー、リンス、ボディソープと物が増えるよりは、一つにまとめられたら荷物も少なくなって快適ですよね。

今まで見てきたように、シャンプーで身体を洗ったり、ボディソープで髪の毛を洗ったりすると、何らかの影響があり、あまりおすすめできるものではありません。

 

でも、全身を洗えるシャンプー兼ボディソープがあったら!?

私だったら、好奇心からでも使ってみたくなりますね。

シャンプー、リンス、ボディソープ、さらには洗顔までできてしまうという全身シャンプーが今、注目を集めていますよ。

 

でも、お肌の弱い人には向いてないんじゃないの?洗浄力が強すぎたり、保湿が弱かったりってこともあるんじゃないの?

心配はいろいろありますよね。

最近ではお肌の弱い人や敏感肌の人にも使えるお肌に優しい成分を配合したものや、オーガニックのものなども販売されています。

お肌のタイプに合わせて選べるので、心配はいりませんよ。

 

おすすめ全身シャンプー3選!

おすすめの全身シャンプーを紹介していきましょう。

① ミノン


こちら、女性に人気の高いミノンの全身シャンプーしっとりタイプです。
ミノンの全身シャンプーは

  • しっとりタイプ
  • さらっとタイプ
  • 泡タイプ

という3つのタイプがあり、好みで選べます。

女性に人気なのは保湿力の高いしっとりタイプ。さらっとタイプは男性におすすめです。

そして泡立てる面倒がいらず、豊富な泡でやさしく洗える泡タイプもありお子さんでも使いやすいですね。

赤ちゃんにはミノンベビー全身シャンプーがおすすめです。

植物性アミノ酸系洗浄成分を配合しているので、お肌に優しく、お肌のバリア機能を守りながら洗浄してくれるので安心して使える全身シャンプーです。

 

② Welina Organics


ボトルからしておしゃれなこちらのアーキ全身シャンプーは高級感ただよるアイテムです。
ポイントはこちら。

  • ハワイアン海洋深層水、天然植物成分を豊富に配合
  • ククイナッツ油配合で、肌荒れからニキビやお肌を守る
  • ココナッツオイル油とアルガンオイル配合で、しっとり保湿
  • ウッディー&フローラルな香りで癒してくれる

 

③ スピカココ


こちらはヤシの実由来の洗浄成分100%の全身シャンプーです。
お肌に優しい無添加というのがうれしいところです。

  • 無香料・無着色・無防腐剤で安心
  • 石鹸成分配合で泡立ちが優しく、全身を優しく包んでくれる
  • 排水後は生分解され、環境にもやさしい
  • なんといってもお財布にも優しいのがうれしい!

こちらも、超敏感肌用のシリーズもあるので、お肌の状態によって選べますよ^^

 

まとめ

シャンプーとボディソープはそれぞれ目的が別名ものなので、シャンプーで身体を洗ったり、ボディソープで髪を洗ったりするとそれぞれに支障がでてきますね。

しかし、

忙しい現代に時短のためにも、また経済的節約のためにも、髪も顔も全身も洗えてしまう全身シャンプーが注目されています。

お肌にやさしい成分を配合したものから、環境にもやさしい成分を配合したものもあり、使う人、目的、お肌の状態などによって選ぶことができますよ。

コスパの良いものを選ぶのも良いですし、ゴージャスなバスタイムのために、ちょっと奮発するのも良いでしょう。

お気に入りの全身シャンプーを見つけるのにお役に立てたら幸いです。

 

つくし
つくし
以上!
今回はここまで!

 

 

COMMENT