撮影技術

録音レベル、メーターの振らせ方の目安

こんにちは!
つくしです

 

今聞いているこの音。
どれくらいのレベルで録音したらいいの?
メーターって、これくらいの振りでいいのかな?

と考えたことがあると思います。
かけだし音声さんなら必ずありますよね。

 

ということで今回は、
録音レベル、メーターの振らせ方の目安。です。

 

実際現場で録音する場合は、ミキサーのVUメーターを確認しながら録りますよね。

なので、主にVUメーターの値を基準に説明していきます。

初心者から最短でスキルを習得【副業の学校 動画クリエイター講座】

ココナラでイラストを発注

 

音の種類別VUメーターの振らせ方

結論からいってしまうと、その音が何かによって振らせ方は様々。

なので、この音はこれくらい。という大体の目安で覚えておきましょう。

 

ナレーションやコメントなど

-5VU以上で、レベルにより時々0VUをこえるようにVUメーターを振らせましょう。

ナレーションのような原稿を読む場合は、比較的簡単にこのレベルをキープすることができるでしょう。

ポイントは、最低音が-5VUという点。ここは必ずクリアしましょう。

 

ドラマなどのセリフの場合は

-5VU〜3VUの間で収録しましょう。

小さいセリフでもできるだけ-5VU、大きなセリフは3VUまでに。という感じです。

小さいセリフの「できるだけ」とは、周りのノイズや、音源との距離、もちろんセリフの小ささの兼ね合いで、もち上げたくてももち上げられない状況もあるからです。

 

つくしが教わった頃は、

「お昼のドラマ(13:00〜)は、見る環境がうるさいからダイナミックレンジをせまく」
「夜のドラマ(19:00〜)は、静かだからダイナミックレンジをひろく」

ということがいわれていました。

 

なるほどな。とは思いますが、このことを気にして録ったことはありません(笑)。現場で完成品をつくるわけではありませんよね。

 

しかし、完成形を考えて(理解して)録る。ということは大切です。

 

その中でも、

BGMバックなのか?
使う音なのか?
使わない音なのか?

これらの確認、判断は特に重要です。

 

基本的にはすべてシーンを完璧に録ることを目指しますが、現場は録音スタジオではありませんし、人が動き、人がする作業です。テスト通りにいかないことだらけです。

この場合に OK / NG の判断が的確にできることが、完成形を理解して録る。ということです。

妥協するということではなく、使いもしない音にこだわることは、結果他のシーンの時間を少なくしてしまいます。

この判断は、作品全体を考えて良い判断ではありませんよね。

 

そしてこの判断は、技術部隊の撮影部や照明部にはない判断なんです。

映像は撮ったら使いますが、音声をしっかり録っても映像だけ使う。というこはよくあります(涙)。

なので、「使わないからOK!」という判断も必要なのです。ただし、しっかり確認しましょうね。

ダイナミックレンジとは、いちばん小さい音と、いちばん大きい音との幅を指します。

「クラシック音楽はダイナミックレンジがひろい」

というように「ひろい」「せまい」で表わされます。

 

音楽の場合

音楽については様々な収録方法がありますね。

その中でも、ガンマイク1本。または、ステレオマイク1本。というENGのコンパクトな機材環境を元に、いちばん簡単で基本的なレベルの録り方を説明します。

 

それは、

大きな音の時に、割れないようしておく。という方法です。

音楽の場合は、コメント、セリフと違い、基本的にそのままのダイナミックレンジで収録したいものです。

 

しかし、

音楽はダイナミックレンジがとても広いため、特にクラシックの場合は、小さい音の時は聞こえない。大きい音の時は割れる。

という状況になってしまいます。

 

なので、小さい音の時はもち上げ、大きい音の時はおさえる。という作業が必要になります。

具体的には、いちばん大きな音を割れないように設定しておき、小さい音を持ち上げる。ということです。

リハーサルにて、チャンネルフェーダーは基準の位置で、ヘッドアンプをちょうど割れない位置に設定しましょう。

この設定で、チャンネルフェーダーをもち上げることで、小さい音の時に録れればOKです。

リハーサルをしっかり聞いて設定することがポイントです。

 

VUメーターの振り方と聞こえ方

ここまで録音レベルについて説明してきましたが、最後に、メーターが指す値と聞こえ方について。

 

現場から帰ってきたら、音チェックしてますか?

収録してきたら、可能な限りスピーカで聞くようにしましょう。できればモニター(テレビ)のスピーカがベストです。

 

この時大切なこなとは、モニターレベルの設定です。

感覚的なものなのでこの設定方法は、人それぞれ。

 

新人のころ、よく言われた方法は、

「1kHzで0VUがちょっと耳にささるくらい」

(わかりづらい)

ちなみにつくしは、これを改良したもう少しわかりやすい表現で、

「目と目の間に響くレベル」です。

 

どうですか?わかりやすくないですか?

このモニターレベルに関して、ヘッドホンについて書いた記事があります。参考にしてください。

ヘッドホンのモニターレベルの決め方、設定方法を覚えると録音レベルが安定しますこんにちは! つくしです ふだんの生活で、 「うるさい」って感じる音の大きさ、ありますよね。 でもそれ、 ...

どんな方法でもいいのですが、重要なのは、

毎回同じレベルに設定する
チェック中はレベルを変えない

ということです。

 

訓練ですね^^

このように、モニターレベルを設定したら早速チェックしてみましょう。

ここまで説明してきた、-5VUというレベル。この意味がわかると思います。

 

メインで聞かせるコメントなどは、この-5VUを境に、下回ると聞きづらくなります。

ましてや、「少し小さいけどヘッドホンではしっかり聞こえる!」という-10VUぐらいの音は、スピーカでは極端に聞こえづらくなります。

収録チェックしている環境はそんなに悪くはありません。聞くための環境と言えます。

しかし、視聴者はそうではありませんね。なので、聞こえるレベルの維持はとても重要なのです。

 

あれ?!でも、

現場で完成品をつくるわけじゃないって言ってたよね?

ですよね。

そうなんですが……

 

いい音は悪くできるけど、悪い音は良くならない。

ということを覚えておきましょう。

 

それなりの時間をかければ、それなりの音にはなります。

しかし、仕事は納期があります。使える時間は限られていますね。

現場でこの時間を限りなくゼロにできたら……

いい作品にするために必要な後処理の時間が増えますよね^^

 

その現場でベストな音をとることは当たり前です。完成品や、後処理まで考えてレベルを管理しましょう。

 

あとがき

補足として、

自信がある言葉は大きい
自信がない言葉は小さい

ブレスの後の言葉は大きい
ブレスの前の言葉は小さい

身振り手振りの大きい言葉は大きい
身振り手振りの小さい言葉は小さい

ということが言えます。

 

レベルを管理することは、慣れです。訓練です。必ずできるようになります。

しかし、

レベルオペレートに自信がない。という場合は、コンプレッサー、リミッターがあります。

使えるものは使いましょう。いや、使ってください。

 

でもです。

コンプレッサーやリミッターをかけない状態で、

  • どうメータが振れるか
  • とれだけオペレートしなければならないか

ということも、様々な音源で必ず訓練しておきましょう。

 

録音レベルの理想は、入り口(マイク)から出口(録音媒体)まで各機器において、小さ過ぎず、大き過ぎないレベルで通過させることです。

コンプレッサーやリミッターをかけてちょうといいということは、そこのレベルがオーバーしている。ということです。

そのことを理解して意図的に使えるようになるために、コンプレッサーやリミッターをかけない状態で訓練しましょう。

 

録音レベルが安定し、しっかり管理することのできる音声さんは、各セクションから信頼されます。指名されます。

録音レベル。重要ですよ。

初心者から最短でスキルを習得【副業の学校 動画クリエイター講座】

ココナラでイラストを発注

音声機材おすすめは?レンタルする時にも参考に!そろえておきたいENG機材こんにちは! つくしです 今回は、ENG音声機材を買うならおすすめはこれ! というものをピックアップしてみました。 ...
つくし
つくし
以上!
今回はここまで!

ランキングに参加中!
応援お願いします!


動画撮影ランキング

こちらのランキングにも参加中!
応援お願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ
にほんブログ村

 

COMMENT







    ABOUT ME
    つくし
    ドラマ、中継などなど、いろんな音の仕事をさせていただきました、名古屋のつくしです。かけだし音声さんのための基礎知識と、その他書きたい記事を、ぼちぼちと。温泉好き。