撮影技術

【ヘッドホンにこだわらなくてもいい】ENGはイヤホンでOK?おすすめモニターイヤホンは?

こんにちは!
つくしです

 

ENGの現場で、音声モニターは何を使ってますか?

「!?ヘッドホン」

ですよね^^

そして、現場ノイズの影響が少なく音漏れの少ない「密閉型」ですよね。

 

問題ありません。
何も間違っていません。

 

でも、

ヘッドホンって、かさばりませんか?動きづらくありませんか?

「いや、なれたから大丈夫」という人も、一度イヤホンでやってみてください。

 

モニターイヤホンがいい理由

ヘッドホンで音質、レベルが判断できるようになったら、思い切ってENGは使いやすいイヤホンにしてみましょう。

 

?!

なぜ、ヘッドホンからイヤホンにするのか?

これには、ちゃんとした理由があるんです。

 

必要最低限の人数で撮影するENGの現場で、効率よく現場を回すには音声の仕事だけではいけませんよね。

カメラアシスタントをしたり、照明をしたり、などなど。

 

そんな中、ただでさえ重いミキサーバックを持って仕事する音声さんは、動きが鈍くなります。

少しでも身軽になるように、機材はコンパクトにするほうがいいのです。

そのために、ヘッドホンをイヤホンに変えるだけで、かなり動きやすくなるんです。

 

そんなミキサーバックに関しての記事はこちら。参考にしてください。

【音声さんの仕事のコツ】重いミキサーバックを持って自在に仕事をするためには、身のこなし方を訓練しましょうこんにちは! つくしです 機材って、 重いですよね。 特にENGの音声さんは装備が多いですからね、 ...

 

 

モニターイヤホンで大丈夫?

「音をしっかり録るにはヘッドホンじゃないとダメなのでは?」

 

と思うこともわかりますが、音声さんもイヤホンでまったく問題ありません。

しっかりと、選んだイヤホンの特徴を理解していれば大丈夫です。

むしろENGなら最初からイヤホンでいいと思います。

 

ちなみにプロ機器メーカーで、

ヘッドホンとモニターイヤホンの「音圧感度」と「再生周波数帯域」を比べてみると、

音圧感度 再生周波数帯域
ヘッドホン 106dB/mW 5~30,000Hz
モニターイヤホン 108dB/mW 3~28,000Hz

 

どうですか?むしろ数値的には優ってませんか?

それなら、コンパクトな方がいいんです。

  • 音圧感度(dB/mw)
    1mwの入力信号で、どれくらいの音(dB)が出るかの値。
    この数値が大きいほど、小さい信号で大きな音が出る。
  • 再生周波数帯域(Hz)
    再生可能な周波数帯域。
    人間が聞こえる可聴周波数帯域は、
    20Hz〜20,000Hzです

 

ちなみに「デシベル」に関してわかりやすく説明した記事がこちら
参考にしてください。

【デシベルとは】簡単にわかりやすくこの単位を説明します。音声さんが知っておきたい基礎知識こんにちは! つくしです 今回は、デシベルについて。 嫌ですよね、すごく数学のにおいがします(汗)。 後輩に聞か...

 

モニターイヤホンのデメリット

とは言っても当然デメリットもあります。

それは、

ヘッドホンに比べて壊れやすいということ。

 

特に断線の確率はヘッドホンより高いといえます。この点は注意が必要です。

予備がなかったら、モニタ不能になります(涙)。

 

なので、イヤホンを使う場合は、予備が必要です。

ちなみに予備は、今まで使っていたヘッドホンがおすすめです。安心ですよね。

 

現場で使えるおすすめモニターイヤホン5選!

じゃ、どんなイヤホンがいいの?

なんですが、モニタ用なので「低域を持ち上げたズンズンくるような音」のような個人的な音の好み、ではなく、本来は周波数特性で選ぶ物です。

 

理想は、低域から高域までフラットな「クセ」のない音を選ぶのが基本です。

とはいうものの、使いなれたイヤホンでもいいと思います。

要は、そのイヤホンの特性を理解して使っていればいいんです。

 

「この音ならOK」という判断がちゃんとできるなら、高かろうが安かろうが関係ありません。

とはいっても、どれがいいかわからない。選んで。という人のために、5つ選んでみました。

 

SONY MDR-EX800ST


スタジオモニターの定番、SONY MDR-CD900STとかわらない音。と言っても過言ではありません。

つくしの知人でこのイヤホンを使っている人がいて、ENGではヘッドホンを使わず予備のために2本持っています^^ 「断線したら仕事にならん!」だそうです。

再生周波数帯域も 3~28,000Hz と広く、自然な周波数特性を再現。

フレキシブルイヤーハンガーで耳の形にフィットするので、しっかり装着できます。

 

SENNHEISER IE 80 S


このイヤホンまず、かっこいいんです。

シンプルで無駄のないデザイン。なのに周波数特性を調節することも可能。

モニター環境に合わせて調整することで、聞きたい音を明確にできる点はおすすめです。

オプションになりますが、イヤーフックもあるのでカナル型ですが、さらに動きのあるモニター環境にも対応。

【カナル型】
わかりやすく言うと、耳栓のイメージ。
耳の中に入れ込んで装着するタイプです。外れにくくぴったりフィットします。

音漏れも少ないので、ENGの現場ではこのタイプが向いています。

 

SHURE SE215


イヤホンモニターの使い始めには最適といえます。価格と音質の点からもおすすめです。

高音が立っているので、エレガのような低中域のヘッドホンを使い慣れている人には、聞こえている音とメーターの振れに戸惑うかもしれません。(しっかり確認してから現場に出ましょう)

なんと言っても「シュア掛け」ができますよ^^

 

Yinyoo KZ AS10


 

こちら Yinyoo は中国のメーカーで、新興メーカーということでハイスペックなのに低価格ということみたいです。

ほんとこの価格、魅力的ですよね。

しかし、このイヤホン。つくしは聞いたことはありません……(すいません)

 

ちなみに口コミやレビューを調べてみると、

「スペックを見てみると他社だと数万円クラス」
「再生周波数が広大(7Hz〜40,000Hz)モニターイヤホンとしては問題なし」
「ドンシャリ(中域がない音)だった」
「高域は持ち上げすぎると割れる」

などなど。

興味しかありません。聞いてみたら感想を書いておきます。

今回はとても気になったので(値段が…)ご紹介までに。

audio-technika ATH-IEX1


 

このモニターイヤホンは、おすすめというより……使ってみたい!

というもの(すいません)

 

口コミやレビューでは、

「パワフルかつ、繊細な輪郭もくっきり」
「音楽を客席で聴いている感じではなく、楽器の側で聴いている感じ」
「高音が立っているのでもうすこしぼやかした方がいい」
「音量を上げると音が膨らみすぎる」

などなど、クリアな音質が故の内容が多く書いてあります。

聞いてみたい!

 

まとめ

機材は日進月歩です。それは、イヤホンも例外ではありません。

ヘッドホンと変わらない性能なら、コンパクトに越したことはありません。

少しでも仕事をしやすくする。という思考を常に持っていると、ふと本来とは違う使い方に気づき、それが便利な使い方になる。ということもあります。

 

例えばピンマイクの場合だと、ハンドマイクのように使ったり、記者会見で机に置いて使ったり。などなど。

機材を壊してしまうような使い方はダメです。しかし、そうじゃなければ思いついた時に即実践してみましょう。

その使い方が基本になるかもしれませんよ。

寝ながらイヤホンは危ない?影響ある?枕とかで害にならないおすすめ「寝ホン」5選!寝る時に音楽を聴きますか?聴きませんか? しかし、 聴く人でもイヤホンをして寝るのは耳に悪いかも......と、ちょ...
YouTubeなどの動画制作で音声さんおすすめのワイヤレスマイクはこれ!「RODO WIRELESS GO」こんにちは! つくしです YouTubeやその他動画撮影でワイヤレスマイクを使いたいんだけど...... でき...
音声機材おすすめは?レンタルする時にも参考に!そろえておきたいENG機材こんにちは! つくしです 今回は、ENG音声機材を買うならおすすめはこれ! というものをピックアップしてみました。 ...
つくし
つくし
以上!
今回はここまで!

ランキングに参加中!
応援お願いします!


動画撮影ランキング

こちらのランキングにも参加中!
応援お願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ
にほんブログ村

COMMENT







    ABOUT ME
    つくし
    ドラマ、中継などなど、いろんな音の仕事をさせていただきました、名古屋のつくしです。かけだし音声さんのための基礎知識と、その他書きたい記事を、ぼちぼちと。温泉好き。