撮影技術

トレーナー/セーターへワイヤレスピンマイク(ラベリアマイク)を仕込む場合の装着方法、送信機の隠し方

こんにちは!
つくしです。

少し前に書いた記事の、

【ワイヤレスピンマイク(ラベリアマイク)の仕込み方(隠し方・付け方)】

では、主にマイクヘッドの加工についてお話ししました。

実践しましたか?

ワイヤレスピンマイク(ラベリアマイク)の付け方、仕込み方(隠し方)こんにちは! つくしです ドラマや映画などの場合、演出の都合上マイクが見えてはいけない場合があります。 今回はその...

今回はその詳細版。

「マイク」や「送信機」が見えてはいけない撮影の、

「トレーナー/セーター編」です。
(仕込み難易度☆)

いくら上手にマイクヘッドを仕込んでいい音が録れたとしても……

ケーブルや送信機が見えていては0点!

いえ、
撮り直しです。

「マイクどこにあるの?」
「どうやって録ったの?」

と言わせる仕込みを目指しましょう!

今回の記事は、上記の【ワイヤレスピンマイク(ラベリアマイク)の仕込み方(隠し方・付け方)】をベースに書かれています。マイクヘッドの加工や用語など、わからない点は参照しながら読み進めていってください。

 

トレーナー/セーターの場合の装着方法

まずはマイクの装着方法から。

マイクヘッドは「フェイクファー」「ガムテープ三角」が有効です。

【ワイヤレスピンマイク(ラベリアマイク)の仕込み方(隠し方・付け方)】参照

フェイクファー
ラベリアマイク_フェイクファー白黒画像

 

ガムテープ三角
ラベリアマイク_ガムテープ_三角画像

装着位置は胸部の中心。テープで固定している形などがわからないように基本的に素肌側へ固定します。

素材的に仕込みやすい衣装といえます。

音的にはセーターは問題ありませんが、トレーナーに関しては物によりこもる傾向にあります。

現場で仕込むという方法が最善と判断し実行した結果、衣装の都合で音がこもる。ということはあります。

 

ドラマでもバラエティでも報道でも。撮影の後に作業は続きます。

その後作業に頼ることなく、現場でできるベストを尽くしましょう。

トレーナー

写真はフェイクファーで仕込んでいます。

中はこのようになります。

 

透ける心配のない衣装なので、ガムテープに色などに注意をする必要はありません。

しかし、胸元からトレーナーの中が見えてしまう状況もあります。

なのでトレーナーの場合は、マイクヘッドやガムテープの色を、インナーのトーンに合わせるようにしましょう。

 

白いインナーで、黒フェイクファー/黒ガムテープで仕込んだ場合、

このように見えます。

カット的には一瞬かもしれませんが、目立ちますね。

 

これを、
インナーに合わせ、白フェイクファー/白ガムテープにした場合、

このように目立たなくなりますね^^

 

もっとも前記しましたげ、実際はワンカットの胸元が見える一瞬です。しかし、この場合のように可能な限り目立たなくする工夫は必要なのです。

 

セーター

写真はフェイクファーで仕込んでいます。

中はこのようになります。

 

セーターの場合は透ける可能性があるので、基本的には衣装と同じトーンの色で仕込みます。

物によっては目が大きなセーターもあります。その場合は、もう一枚裏に仕込みます。

ガムテープ三角はフェイクファーより薄いので、形がわかりにくく仕込むことができます。しかし、現場のベースノイズにもよりますが、経験上衣擦れの確率はフェイクファーより高いことが多く、つくしはフェイクファーを選択するほうが多いです。

が、
市販のものでおすすめの仕込みアイテムがあります。手作りのフェイクファーより小型で、粘着パッド付き!とても便利です。


 


 

↓使い方はこちら

 

とは言うものの、

どれも実際装着して聴いてみないとわかりません。特に衣擦れは必ず起こるものです。

なので、どちらの方法もできるように試しておきましょう!

送信機装着位置

基本的に3パターンです。

  1. ズボン/スカートのポケットへ入れる
  2. ズボン/スカートの内側へひっかける
  3. カイロベルトを使って腰に巻く

です。

ひとつづつ見ていきましょう。

①ズボン/スカートのポケットへ入れる


このような感じになります。

 

どちらも体勢によっては送信機が体に当たり痛みを感じる位置がある場合があります。確認しましょう。

②ズボン/スカートの内側へひっかける


このような感じになります。

 

撮影アングルの兼ね合いで、ベストな位置に装着しましょう。

こちらも体勢によっては送信機が体に当たり痛みを感じる位置がある場合があります。確認しましょう。

③カイロベルトを使って腰に巻く


ポケットのないズボン/スカートの場合に使用します。

商品名のとおり、カイロを入れるものです。
音声さんの必需品です。

 

 

送信機装着位置のまとめとして、

映画やドラマのようなカット撮りの場合は、カットごとにカメラから見えない方向へ装着するという方法がとれます。

上記の装着例では前と後ろの写真しかありませんが、状況によっては横に装着。という場合もあります。

また、
旅番組のような場合は、ワンシーンが長くどの方向からも撮影されるので、そのシーン内でベストなポジションを選びましょう。

ちなみに、旅番組やドキュメンタリーは案外背中が映りますね^^

要は、わからないように装着するということです。
腰回りにつけなければならないこともありません。

臨機応変に対応しましょう。

 

それから、
以下の道具は揃えておきましょう!
要チェックです。


 


 

撮影現場の必定品ですね!
必ず用意しておきましょう。

 

あとがき

【うるさい現場がいい?!】

現場には、道路の車の音、川の音など様々なベースノイズがあります。

このベースノイズが大きければ、衣擦れがわからなくなります。
(マスクされます)

 

また、

ベースノイズの高い場所ではセリフも大きくなりマイクの感度を低く録ることができ、結果衣擦れがわからなくなります。

うるさい現場は仕込みに向いていて、逆にスタジオのような静かな現場は仕込みに向いていない。

と言えます。

 

このようにマイクを仕込む。という録音方法は、

現場で→仕込んでみて→聴いてみる

この作業をしないとわからないのです。

コツコツ引き出しを増やしていきましょう。

「 動画編集を覚えたい」「YouTubeや副業に興味がある」という人におすすめの教材!こんにちは! つくしです 【動画編集】ってできるようになると意外に楽しいんですよね。 つくしは好きな作業です。 ...
Tシャツへワイヤレスピンマイク(ラベリアマイク)を仕込む場合の装着方法、送信機の隠し方こんにちは! つくしです。 少し前に書いた記事の、 【ワイヤレスピンマイク(ラベリアマイク)の仕込み方(隠し方・付...
スーツへワイヤレスピンマイク(ラベリアマイク)を仕込む場合の装着方法、送信機の隠し方こんにちは! つくしです 少し前に書いた記事の、 【ワイヤレスピンマイク(ラベリアマイク)の仕込み方(隠し方・付け...
ワンピースへワイヤレスピンマイク(ラベリアマイク)の仕込み方、送信機の隠し方こんにちは! つくしです 今回は「マイク」や「送信機」が見えてはいけない撮影の、 「ワンピース編」です。 (仕込み難...
つくし
つくし
以上!
今回はここまで!

 

ランキングに参加中!
応援クリックお願いします!


動画撮影ランキング

こちらのランキングにも参加中!
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ
にほんブログ村

 

 

COMMENT







    ABOUT ME
    つくし
    ドラマ、中継などなど、いろんな音の仕事をさせていただきました、名古屋のつくしです。かけだし音声さんのための基礎知識と、その他書きたい記事を、ぼちぼちと。温泉好き。