撮影技術

【デシベル(dB)とは】簡単にわかりやすくこの単位を説明します。音声さんが知っておきたい基礎知識

こんにちは!
つくしです

 

今回は、音声さんが知っておきたい基礎知識「デシベル(dB)」について。

このタイトル嫌ですよね、すごく数学のにおいがします(汗)。

後輩に聞かれたら無視したくなる単位です。

 

でも大丈夫、簡単です。

音声さんが現場で使うために「理解しておけばいいことだけ」をわかりやすく説明します!

内容は、

について。

後輩の研修でもそのまま使ってくださいね!

 

デシベルとは?

デシベル(dB)とは、
ずばり、

基準のレベルから、
何倍(何デシベル)か?

という単位です。

 

ここで大切なのは「基準のレベル」

 

この基準のレベルに対して、

◯◯倍か(◯◯デシベルか)

と表記してるだけなんです。

 

なので、

◯◯デシベルはこのレベル。

のように、

◯◯デシベル単体が、決まったレベルではありません。

 

あくまでも、

基準のレベルがあって
(決めて)

その◯◯倍(◯◯デシベル)

という表記なのです。

もう大丈夫です。これでほぼ把握してます。

 

以上を踏まえて次に、よく見る「デシベル」について見ていきましょう。

上記のことを理解してからなので、スッと入ってきますよ^^

 

「街の騒音」を表すデシベルとは?

この場合の「基準のレベル」は、
「人間の聴覚の限界」です。

とっても、とっても小さな音。ということですね。

このレベルを「0デシベル」としています。

 

?!
0デシベルは無音じゃないの?

 

ですよね。

つくしも最初はそう思っていました。

 

なぜか?

単純に0になにをかけても0なので、その先の「基準のレベルから◯倍(◯デシベル)」が成立しませんよね。

単純にざっくりこう覚えておきましょう。
(この程度でOKです!)

「もっとくわしく知りたい!」という人はぜひ調べてみてください。数学の得意な人には面白いと思いますよ…
(わからなくても大丈夫です!)

 

戻ります。

この0デシベルを基準に、

デシベル(dB) 何倍(電圧比) 音源の目安
0 1 人間の聴覚の限界
6 2
9.5 3 静かな息
12 4
14 5
6
7
8
9
20 10 葉のカサカサ音
40 100 静かな図書館
60 1,000 一般的な会話
80 10,000 目覚まし時計 / 電車内
100 100,000 地下鉄通過
120 1,000,000 旅客機

 

このように表わされます。

ここで注目ポイント。

「デシベル」と「倍」の関係は、「基準のレベル」が変わっても同じです。

なので、

6dBは2倍
14dBは5倍
20dBは10倍

といった簡単な数値(関係)は覚えておきましょう。

基準のレベルが「人間の聴覚の限界」の場合は、こんな感じです。

 

いろいろな音の大きさ・目安

先程説明したデシベルで、いろいろな音の大きさをまとめてみました。

参考にしてください。

デシベル(dB) 音源の種類 大きさの目安
0 人間の聴覚の限界 聴覚の限界
10 蝶の羽ばたき 静か
20 静かな息
葉のカサカサ音
静か
30 ささやき声 静か
40 静かな図書館 日常生活に問題なし
50 エアコン室外機 日常生活に問題なし
60 一般的な会話 うるさい
70 セミの鳴き声 うるさい
80 目覚まし時計 / 電車内
ピアノ
すごくうるさい
90 近距離の犬の鳴き声 すごくうるさい
100 地下鉄通過 すごくうるさい
110 自動車のクラクション すごくうるさい
120 旅客機 すごくうるさい
130 生ドラム すごくうるさい
140 ジェット機(近距離) すごくうるさい

 

では次に、「マイクの感度」について。

 

「マイクの感度」のデシベルは?

「マイクの感度」は、マイクの仕様書などを見ると書いてありますよね。
例えば、−40dBとか、−54dBとかがこれです。

この場合の「基準のレベル」は、
「1V」です。

 

もう少しくわしく説明すると、

1パスカル(Pa)の音を、マイクに与えたときに発生する電気信号1Vを、0dB

とされます。
(1パスカル?!小難しいですね)

ちなみに1パスカル(Pa)の音とは、ピアノの鍵盤をバーン!と鳴らしたぐらいの音圧です。けっこう大きいですよね。

 

ということで、「マイクの感度」を言いかえると、

ピアノの鍵盤をバーン!と鳴らしてマイクから出力された電気信号の大きさ。

となります。

 

なので、

このレベルの音をマイクに与えて、

  • 出力された電気信号が大きいと感度がいい
  • 出力された電気信号が小さいと感度が悪い

と判断できます。

 

ここで注意。

マイクの感度の表記は、−40dBとか−54dBなど。マイナスで表記されているので、数字単体が小さいほど感度がいい値。となります。

 

?!

「基準のレベルからマイナス?どういうこと?」ですよね。

要するに、

1パスカル(Pa)の音をマイクに与えても、1Vの電気信号は出力されない。
もっともっと小さい電気信号しか出力されない。

ということです。

マイクの信号はとても小さいんです。

 

ちなみに、

−40dBだと、
0.01V出力され、

−54dBだと、
0.002V出力されることになります。

なのでこのふたつだと、−40dBの方が感度がいい。ということになりますね。
※この計算は後ほど

 

それでは次に、現場のコミニュケーションの場合はどうでしょうか。

 

「現場作業時」のデシベルは?

現場で、「◯◯デシベル下げて、上げて」という会話がよくありますね。

この場合の「基準レベル」は、
「もとの(修正前の)レベル」です。

修正したいレベルを、デシベル(倍率)を使って特定しているんですね。

 

例えば、
※先ほどの表参照
※↑クリックすると表へ飛びます
※その先で【戻る】で戻ってきます

「14デシベル上げて

だと「5倍にして」ということですね。

 

「6dB下げて

だと1/2にする。

ということになります。

この場合は、

あくまで電気信号的なレベルを特定している会話で、聴感上のレベルとは異なります。

電気信号を5倍にしたら聴感上5倍に聞こえる
1/2にしたら聴感上1/2に聞こえる

ということではありません。
少しモヤッとしますよね

 

このようにデシベルとは、

何を「基準のレベル」にするかで大きさが変わる。

という単位なのです。

 

実用的なデシベルの計算法

デシベル(dB) 電圧比(何倍) 音源
0 1 人間の聴覚の限界
6 2
9.5 3 静かな息
12 4
5
6
7
8
9
20 10 葉のカサカサ音
40 100 静かな図書館
60 1,000 一般的な会話
80 10,000 目覚まし時計 / 電車内
100 100,000 地下鉄通過
120 1,000,000 旅客機

 

この表を踏まえて計算していきましょう!

大丈夫です!簡単ですよ^^

※デシベル=dBと表記します。

【問1】

80dBの音を出す目覚まし時計が2個あります。
それらが同時に鳴ったら何dBになるでしょうか?

 

【答え】

80(dB)×2(倍)
=160(dB)

ついこう答えてしまいそうですよね。残念ながら違います。
でも大丈夫、簡単です。

まず、
さっきの表を見てください。↑
※↑クリックすると表へ飛びます
※その先で【戻る】で戻ってきます

 

音の大きさ(倍率)が2倍になると、デシベル表示では6dBアップしますので、

80(dB)+6(dB)
=86(dB)

というわけです。わかりましたか?

何倍か?に該当するdBを見つけて、元のdBに足すだけです。

 

【問2】
1個80dBの目覚まし時計が10個鳴った場合、何dBになるでしょう?

 

【答え】

80(dB)×10(倍)
=800(dB)

…ではありませんね^^

 

【問1】同様、

表から、
10倍は…20dBなので…

80(dB)+20(dB)
=100(dB)

ですね!

わかってきましたね。

その調子で次!

 

【問3】
2台の合計が90dBのサイレンを鳴らしている救急車がいるとして、
1台いなくなったら、何dBになるでしょう?

 

【答え】
…2だから…関連は、6dB
もう覚えましたね^^

なので、

1/2だから、6dBマイナス。
と考えます。

 

ということは、

90(dB)-6(dB)
=84(dB)

となります。

 

このように、

デシベルを算出する場合は、

倍率からdBを特定して、
元のdBに「足す」か「引く」

 

また、倍率を算出する場合は、

dBから倍率を特定して、
元の倍率に「かける」か「割る」

ということです。

倍率の問題がなかったので最後に1問。

 

【問4】
12dBは、「人間の聴覚の限界」の0dBから比べると何倍か?

 

【答え】

12(dB)は、
6(dB)+6(dB)

に分解できるので、これを表から倍率に変換すると、

6(dB)=2(倍)
6(dB)=2(倍)

ですよね。

 

これを計算すると、

2(倍)×2
=4(倍)

となります。

 

いかがでしたか?

デシベルの計算といってもこの程度です。

現場でこんな計算をすることはあまりありませんが、知っておくべき基礎知識です。

一度覚えると意外にササっとできるようになりますよ^^

 

あとがき

デシベル(dB)という表記は、

  • 基準のレベルから何倍(何デシベル)か
  • 何を基準のレベルにするかで大きさが変わる
  • 計算も簡単

という単位でした。

 

「なんか難しそう」
「苦手」

というイメージの単位でしたけど、理解するととっても便利。ということがわかりますよね。

 

では、

このデシベルを使わないとどうなるでしょう?

「そのレベル、1 / 1000にして!」
「違った!1 / 490だった!」

大変です。

人間が直感的に判断できるのは、3桁ぐらいだそうです。
それでも急に「1 / 490にして!」では混乱しますよね(涙)。

 

なので、

このデシベルは、音(電気信号)というとても桁数が大きなものを扱うのに適しています。

ほとんど2桁で収まりますからね。

 

 

以上、デシベルについてでしたが、はっきりいってデシベルのことを知らなくても録音はできます。しかし、大勢のスタッフと仕事をする場合は、当然共通言語になります。

その時のために、今回の記事の内容をしっかりと理解しておきましょう。

「 動画編集を覚えたい」「YouTubeや副業に興味がある」という人におすすめの教材!こんにちは! つくしです 【動画編集】ってできるようになると意外に楽しいんですよね。 つくしは好きな作業です。 ...
プロフィール 【出身】 愛知県名古屋市 【趣味】 旅行 ランニング ハーフマラソン (...
音って何ですか?アナログとデジタルの違いはなんですか?と後輩に聞かれた時にそのまま使える記事こんにちは! つくしです 「音って何ですか?」 「アナログとデジタルは、どう違うんですか?」 後輩に聞か...
つくし
つくし
以上!
今回はここまで!

ランキングに参加中!
応援お願いします!


動画撮影ランキング

こちらのランキングにも参加中!
応援お願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ
にほんブログ村

 

COMMENT







    ABOUT ME
    つくし
    ドラマ、中継などなど、いろんな音の仕事をさせていただきました、名古屋のつくしです。かけだし音声さんのための基礎知識と、その他書きたい記事を、ぼちぼちと。温泉好き。