つくしの雑記

冷凍食品の賞味期限は開封後でも有効?変わる?

お弁当のおかずや、いざというときの一品に冷凍食品があると便利なので、冷凍庫には冷凍食品を買い置きしている家庭も多いですね。

冷凍しておけば長持ちするし……

という安心感もあったりするのですが、冷凍食品の賞味期限って確認していますか?

 

「この賞味期限、開封後にもその期限を守っていたらいいの?」
「開封後は早く食べないといけないの?」
「賞味期限が過ぎてるけど食べてもいいのかな?」

 

こんな疑問もスッキリ解決しましょう!

冷凍食品の賞味期限、開封前、開封後ではどう違うのか、冷凍食品の保存方法なども合わせてみていきましょう。

 

冷凍食品の開封後の賞味期限は?

冷凍食品にも賞味期限があり、パッケージを見ると記載されていますね。

多くの冷凍食品の賞味期限が焼く2~3か月と言われています。

しかし、

これはマイナス18度以下という温度が保たれ、開封前の保存状態が良い場合の期限です。

 

では開封してしまった冷凍食品の賞味期限はどうなるのでしょうか?

 

冷凍食品のパッケージを見ると、「開封後はできるだけ早くお召し上がりください」と書いてあるのを目にします。

 

そうなんです。

 

開封後は2~3日で……という声もありますが、できれば、2~3週間くらいで食べきるくらいがおいしく食べらるそうです。

開封後は、記載されている賞味期限よりもおいしく食べられる期間が開封後は短くなる。と考えておいたほうが良いですね。

そして、冷凍食品を開封した後に残ったものをまた冷凍庫に入れるわけですが、その時の状態によって食品自体に変質が起こる場合があるのです。

 

例えば、「冷凍焼け」というのを体験したことがあるのではないでしょうか。

乾燥してしまっていたり、白くなっていたり見た目にもちょっと変わったと見える部分があります。

腐ってしまったわけではないのですが、おいしく食べるというわけにはいかないですね。

なので、開封後はできるだけ早く食べるほうがおいしく食べられるのです。

 

また、「霜」がたくさんついてしまったということはありませんか?
私も何度も経験していますが、これも味が落ちる原因になります。なので、開封後はできるだけ早く食べきってしまうのが理想的なんです。

 

開封後、賞味期限が切れてしまった冷凍食品は食べてもいい?

結論からいうと、食べてはいけません。

よく賞味期限というのは、「おいしく食べられる期間」であって、その期間が過ぎたからといって食べられないわけではない。ということを聞きますが、もちろん要注意です。

 

冷凍してあるから腐ることはないだろうと安心してはいけませんし、開封前にとけてしまった、などの冷凍前の状態も大切なんです。

見た目で明らかに変質しているのが分かる場合は捨ててしまったほうが賢明です。

また、臭いも一つの目安です。
悪臭がするものは潔く捨てましょう。

結局、賞味期限が切れたものを食べるときには、個人の責任において食べる。ということです。

 

冷凍食品を上手に保管する方法

開封後でもおいしく食べたい冷凍食品。

どんな風に保管するとおいしく食べられるのでしょうか?

開封後に味が落ちてしまう理由は先に述べたように、

  • 冷凍やけ
  • 霜がつく
  • 乾燥

などがあげられます。

 

これらを防止する保管方法なら、少し時間が経ったとしてもなるべく安全に食べられるわけですね。

どんな方法があるでしょうか?

 

密閉状態にして保管する

開封後は、できるだけ密閉状態にできるようにします。

ビニールに入れたり、ラップで包んだりすると良いですね。

我が家ではジッパーパックも大活躍してます。

できるだけ空気を抜いて真空状態にすると良いですよ。

空気に触れないようにすることで乾燥や冷凍焼けなどを防ぐことができます。

 

冷凍庫内の温度管理をする

冷凍食品のおいしさを維持するには庫内温度をマイナス18度に保つのが理想的です。

しかし、家庭の冷凍庫では開閉もよくすることですし、温度が上がりがちになりますね。

なので、もちろんドアの開閉は多くならないようにすることも大切ですが、庫内の物同士もくっつけて隙間がないように入れておくことで、食品の温度が上がるのを防ぐことができます。

 

再冷凍はNG

冷凍状態のものを冷凍庫に入れるのは良いのですが、一度解凍したものを、再度冷凍庫に入れるというのは避けましょう。明らかに味は落ちます。

傷む原因にもなりかねないのでやめましょう。

食べる分だけ解凍して食べる。これが一番ですね。

なので、冷凍保存する前に一回分ずつ小分けにして保存する。という工夫も良いですよ。

 

まとめ

冷凍食品の賞味期限についてみてきました。

開封前であれば、記載されている賞味期限が有効ですが、開封後はできるだけ早く食べきったほうがおいしく食べられます。

もちろん期限内までは食べられますし、期限が過ぎた後も食べられないわけではありません。が、期限が過ぎた場合は個人の責任で確認してから食べるようにしましょう。

でも食べ物はやはりおいしく食べるのが一番です。

冷凍庫を過信せずに、開封後はできるだけ早く食べきってしまいましょう。

 

つくし
つくし
以上!
今回はここまで!

 

 

COMMENT