MENU
つくしの雑記

髪の毛の掃除ってめんどくさいですよね。でもこれがあれば簡単便利!場所別おすすめお掃除グッズ!

髪の長い人なら、

いつも思ってるはず。

 

気が付いたら床が髪の毛だらけ!!

と。

 

そういう私も、ミディアムの長さですが、よく見るとあちこちに髪の毛が……

この髪の毛の掃除って面倒なんですよね。

 

かといって放置しておくわけにもいかず、掃除をするのですが、何かいい方法がないものか?と考えてしまいます。

 

そこで、今回は髪の毛の掃除も簡単にできちゃう便利お掃除グッズを探してみました!

髪の毛の掃除がめんどくさい場所

それでは、掃除する場所別に紹介していきます。

①フローリング

他の場所に比べると、フローリングの床なら掃除は簡単ですね。

フローリングの床にたまった髪の毛は、フローリング床用掃除シートと掃除機でOK。


こちら、ご存知クイックルワイパーです。

ドライシートで床におちている髪の毛を一掃します。ついでに埃もとれますよね。

 

でもやってみた人はわかると思います。掃除シートだけではとりきれないんですよね。
そこで仕上げに掃除機をかけます。

 

ところで、掃除機はどんなものを使ってますか?

私は数年前にコードレスを購入してから、とっても便利に使ってます。

でも、最近の流行はコードレスではなく、ロボット掃除機なんですね。


こちら、パナソニック ロボット掃除機RULO(ルーロ)。

部屋の隅の埃や髪の毛まで吸い取ってくれるということで人気を集めています。

もちろん他の掃除機もいろいろあるので、好みで選んでみると良いですし、
今自宅にある掃除機を使うのが一番ですけどね。

②カーペット

フローリングの床の一部にはカーペットが敷いてある場合がありますね。

部屋にしろリビングにしろ、どちらにしても髪の毛は落ちるものです。掃除機で吸い取ってもなかなか取れきれないこともあります。

そんなときは、少し労力を使いますが家にあるものでお掃除ができてしまいます。

それは「ゴム手袋」。

 

ゴム手袋をはめて、手でカーペットをなでるのです。

円を描くようになでていくと、髪の毛がとれるとれる!
一度試してみてくださいね。

しかし、それはしんどい!という場合には、おなじみコロコロがあります。


コロコロ コロフル ロング。

コロコロでカーペットの上の髪の毛もとってしまいましょう。

持ち手が長いと姿勢が楽ですよね。
産後で腰が痛い主婦にもピッタリです。

③畳の部屋

マンションなどではフローリングの床が増えましたが、それでも畳の部屋があるところも多いですね。

一軒家の場合でも畳のお部屋はあるかと思います。それでは、畳のお部屋はどう掃除したらいいのでしょう?

畳の部屋にもフローリング用の掃除シートが便利です。
畳の目に沿って掃除するのがポイントですよ。


ドライシートのみならず、ウエットシートも使えます。

食べこぼしや皮脂汚れなどはウエットシートが適していますが、髪の毛を掃除するときにはやはりドライシートが良いですよ。

④お風呂・洗面所

髪の毛がおちるのは部屋の中だけではありません。

お風呂や洗面所にもたくさん落ちますよね。

その髪の毛が排水溝に入ってしまったら、、、

少し入るくらいは問題にならないでしょうが、それが続いていくと排水溝が詰まってしまうという惨事が起きてしまうのです。

詰まってしまうと水の流れも悪くなりますし、嫌なニオイが上がってくることもありますので2週間に1回は掃除したいものです。

排水溝の掃除に便利なのがこちら。


長いワイヤーが排水管の中に入って、中にとどまっている髪の毛も除去できます。

 


もっと楽に掃除したい人にはこちらがおススメです。

排水溝に流し込むだけで詰まりもスッキリ、掃除もしてくれるものです。

私もこうしたタイプのものを使ってます。

でも排水溝にできるだけ髪の毛が入らないようにするのも大切ですね。
そんな時にはこちら。


排水口に置くだけで髪の毛もストップさせてくれます。しかもこれ、使い捨てなんです。

髪の毛やゴミがたまったら、捨てるだけなので、いちいち洗う面倒もなく、ラクチンですね。

⑤ヘアブラシ

ヘアブラシにも髪の毛はからまっています。これを除去するのも楽じゃないですよね。

そんな時にはこちらはいかがでしょう?


ヘアブラシも清潔であってこそ、髪の毛や頭皮をより良くケアすることができますよね。

めんどくさい掃除を楽にするには

いろんな道具があっても面倒な髪の毛の掃除ですが、その掃除を楽にするには、

 

やはりマメに掃除するのが一番なんです。

 

浴室や洗面所ならば、使った後に見回して髪の毛は捨てておく。

ドライヤーをかけた後には、床をさっとお掃除シートで一拭きしておく。

どこででも髪の毛をさわらない。
(鏡の前と限定しておくなど)

頭皮の健康に気を使う。
(抜け毛防止)

などといった工夫、努力でとっても楽チンになります。

 

あとがき

髪の毛の掃除を楽にしてくれるお掃除グッズを紹介してきました。

 

必ずしも高いものが便利で良いというわけじゃないですね。

 

手ごろな価格のものを探して選んで使ってみるとよいでしょう。

髪と頭皮の健康管理もまた、お掃除を楽にするための秘訣だということも覚えておいてくださいね。

 

つくし
つくし
以上!
今回はここまで!

 

 

COMMENT