つくしの雑記

会社をやめても一生食べていけるすごい資格で比較的簡単なものジャンル別16選!

「今の会社先行き不安だなあ…」
「拘束されずにもっと自分らしく自由に仕事がしてみたい…」
「老後も心配だし一生食べて行ける資格ないかな…」
「できれば簡単にとれるものが」

こんな思いを持ってる人は多いはずです。

もっと自由な働き方をしたい、会社に縛られたくないという人たちは増えてますし、誰でも思うこと。

 

ということで、

以上、7つに分類して、資格の中でも比較的簡単にとれるものを選んでみました。

ぜひ参考にしてください!

 

会社をやめても一生食べて行ける資格1
IT系、ウェブ系

↑目次に戻る

今後の社会を見た時にも、IT系やウェブ系の資格はもっていて損がないかなと思われます。

この中でおすすめの資格は、

  • CCNA
  • Google広告認定資格
  • ウェブ解析士
  • Ruby技術者認定資格

です。

順番に見ていきましょう。

 

CCNA

CCNA取得者
平均年収目安
404万~578万円

初めて聞く名前の資格かもしれませんし、IT系に詳しい人ならすでに知ってる人もいるでしょう。

この、CCNA(Cisco Certified Network Associate)という資格は、

コンピュータネットワーク機器の大手会社であるCisco社が実施するネットワークで、エンジニアの技能を認定する資格になります


世界共通基準の資格でもあり、ネットワークの業界にいる人ならだれもが知っているというくらい有名な資格でもあります。

この資格を持つということは、ネットワークエンジニアとして実務に必要な知識とスキルを持っているという証明にもなり、ネットワークエンジニアとして独立したり、転職する人も多くいます。

資格を取ってから企業で2~3年実務経験を積んでから、独立というのが良いでしょう。

また、この資格は有効期間が3年となっています。

資格を維持するには3年以内に同じレベル、もしくは上のレベルの試験に合格して更新する必要があります。

それだけに自分の知識やスキルをチェックすることもできますし、さらにグレードアップさせることもできますね。

では、この資格をとるにはどうしたらよいのでしょうか?

未経験の人でも、ITエンジニアを目指すスクールなどに通って、約2か月ほどで合格が目指せます。

独学でも1か月半から2か月くらいで合格している人も多く、講座を修了し、就職後の社内研修などでスキルを磨き1か月以内には合格というケースも多いのです。

1日の勉強時間が5~7時間の場合、このくらいのスピードでとれますが、仕事をしながらだったりして勉強時間が多く取れないという場合には、もう少し期間がかかりそうですね。

難易度は5段階中の2段階ほどなので、比較的取りやすい資格です。

もちろん、こうしたIT系に関心があったり、この方面の仕事をしたいと思ってる人におススメです。

詳細はこちらからチェックしてください。

未経験からエンジニアに【CCNAコース】

↑目次に戻る

 

Google広告認定資格

Google広告認定資格取得者
平均年収目安
400万~600万円

IT系の資格で、取りやすい資格の一つがこちら、Google広告認定資格です。

名前からも分かるように、これはGoogleが設けているGoogle広告に関する資格です。

世界的大手企業が認定している資格だけに、こちらもこれからの時代に使える資格になります。

Google広告認定資格を持ってる人というのは、Google広告の知識を持っているということです。

この資格を持つことで、

  • 自分自身にGoogle広告の専門知識があるということをアピールすることができる
  • 広告代理店に所属している場合、その代理店がGoogle Partnerバッジを取得する際の助けになる
  • 転職、就職の際に履歴書に書ける

といったメリットがあります。

Webマーケターとして活躍することができ、資格をとってから企業で2~3年実務経験を積んでから独立するようになります。

Webマーケターも需要が多い職種なので、この資格と、Web広告の運用スキルがあれば、独立しても十分にやっていけますよ。

また、この資格は「取りやすい」というのも一つのメリットです。

勉強する時間は10時間程度。

50問ほどの問題が出され、80%以上正解であれば合格できます。

また、落ちてしまった場合でも24時間後にまた受験することができるので、受かりやすい資格でもあるのです。

合格率も高いうえに、副業としても稼ぐことができたりもして、本業と副業合わせて月40万円も目指せるというので、関心のある人はとっておいたら後々役にたつかと思います。

ただし、この資格も有効期限が1年間です。

資格を維持するには1年ごとに試験を受ける必要がありますが、常に学ぶ姿勢をもっていれば、もっている知識を維持することもできますし、さらに自分自身が成長していくことにもつながっていきますよね。

詳細はこちら

↑目次に戻る

 

ウェブ解析士

ウェブ解析士
平均年収目安
442万~581万円

ウェブ系の資格でもう少しグレードが高くなるのが、こちらのウェブ解析士

そもそもウェブ解析ってどんなことをするのでしょうか?

ウェブ解析はウェブマーケティングで必要なスキルの一つです

事業成果を上げるためにウェブサイトから得られる数値をもとにユーザーの声を聞いて、仮説検証から原因分析、そして対策を立てるという流れで事業成果を上げていくのです。

こうした流れの作業を担当するのがウェブ解析士というわけですね。

つまり、

ウェブマーケティングに詳しい人になるということです。

この資格があれば、Webマーケターとして独立したり、資格を生かして転職したりするのに有利です。

資格をとってからはやはり実務経験を1~3年積んでから独立するのが良いでしょう。

一般遮断法人ウェブ解析士協会が運営しているウェブ解析士の資格には、

  • ウェブ解析士
  • 上級ウェブ解析士
  • ウェブ解析士マスター

の3つがあり、実務経験を積みながらさらに自分のスキルを磨いていくこともできます。

ウェブ解析士はこんな人におススメです。

  • ウェブ解析のスキルを体系的に学んで身につけようと考えてる人
  • 企業内での自作サイトの改善をはかりたいと思っている担当者
  • ウェブディレクター、ウェブマスター、ウェブコンサルタントを目指す人
  • ウェブに関する仕事で独立したいと思っている人

少々グレードアップするだけに難易度も5段階中の4段階とあがりますし、勉強時間も100時間になります。

しかし、

この方面に関心があってやってみたいという思いがあれば大学生でもこの資格を取ってるというので、がんばれば取れそうです。

詳細はこちら

↑目次に戻る

 

Ruby技術者認定資格

Ruby技術者認定資格者
平均年収目安
511万円前後

Ruby技術者認定資格とは、

プログラミング言語Rubyの技術者としてその技術力を評価され、高い水準のRubyによるシステム開発能力を持つことを認定されるものなのです。

このRuby技術者認定試験は「Silver」と「Gold」があり、silverはPHP初級のレベル、GoldはAndroidアプリケーションベーシックほどのレベルだと言われています。

詳しい人はわかるのかもしれませんが、このIT業界の中でもsilverくらいなら、まだハードルが低い方だと言われています。

初心者が勉強を始めても十分に合格が狙えるものです。

詳細はこちらからチェックしてください。

RailsHack講座の新規お申込

ちなみにRailsHack(レイルズハック)講座とは、

  • HTML
  • CSS
  • Bootstrap
  • Vagrantインストールと設定
  • VirtualBoxインストールと設定
  • Railsが動くローカルサーバー構築
    Ubuntuのインストール
    Rubyのインストール
    Railsのインストール
  • Ruby on Railsの基礎知識
  • Ruby on Railsでアプリ作成
  • Ruby on Railsでメモアプリ作成までを自宅で学習できる完全オンライン講座です。

↑目次に戻る

 

会社をやめても一生食べて行ける資格2
専門分野

↑目次に戻る

この中でおすすめの資格はこちら、

  • 第二種電気工事士
  • ファイナンシャルプランナー

順番に見ていきましょう。

 

第二種電気工事士

第二種電気工事士
平均年収目安
450万円前後

男性たちの中には、IT系はちょっと苦手だけど、電気とかの工事なら関心があるという人もいるでしょう。

そういう人には、この第二種電気工事士がおススメです。


この資格を取ってから、3年以上の実務経験を積むと、自分で独立して起業することもできます

また、資格を取るのに、学歴や年齢、職歴、実務経験なども問われないので、誰でも受験が可能です。

筆記試験と実技試験があるので、それなりの勉強と実技のための実習なども必要にはなってきますけどね。

スクールなどに通ったり、勤めている会社で技術を学ぶ機会があればなお良いでしょう。

気になる難易度ですが、ここ近年の合格率は55%から60%と、そこまで難しくないようです。

が、やはり専門知識が必要ですし、きちんと勉強したうえでの受験が必要ですね。

この資格を持っていると、自宅のDIYを行うときに役に立ちます。

例えば、照明器具を変えたいというときでも、この資格がなければできない工事もあるので、全部自分で出来てしまうというのもうれしいところです。

スイッチやコンセントなどの交換などもできます。

もちろん、関連した会社に勤めている場合には、資格手当がつくこともありますし、転職にも有利になります。

先にも書いたように、将来独立したいという人にもおススメです。

また、この資格を持った人も人材不足という傾向があります。

なので、

今の有資格者たちが高齢ということもあり、今後活躍してくれる若い世代の人たちが、この資格を取ると、何十年も先まで有効に使えることでしょう。

詳細はこちらからチェックしてください。

第二種電気工事士  総合コース【筆記/技能対策】



↑目次に戻る

 

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
平均年収目安
300万〜600万円(会社員)
300万〜1000万円(独立)

資格を取るなら、民間の資格よりは国家資格がいいんじゃないかなあと思ってる人も多いですよね。

そういう人、男性でも女性でもおススメなのがこのファイナンシャルプランナーという資格です。

良く聞くけど、どんなことをするのかしら?という人もいると思います。

ファイナンシャルプランナー(FP)は一言で言えば、お金のエキスパートのことです。

お金といってもこれまた幅が広いですよね。

生活につかうお金から、貯金や株式など投資するお金、税金、融資などなど。

ファイナンシャルプランナーはそのお金の中でも、

  1. ライフプランニングと資金計画
  2. 金融資産運用
  3. タックスプランニング
  4. リスク管理
  5. 不動産
  6. 相続・事業継承

といった6つの分野について扱うことになります。

どれも私たちの生活に密着した内容なので、初心者でも1から勉強していけば大丈夫です。

国家資格の中でも、比較的合格しやすいというのがファイナンシャルプランナーなのです。

この資格を取っておくと、自分の生活の助けにもなります。

まさにライフプランをたて、資金計画を立てて運用していくのですから、私たちの生活の中のお金のことがよくわかるようになり、上手に使えるようになります。

また、会社でその資格を生かしていくこともできますし、将来は独立ということも可能です。

ファイナンシャルプランナー2級に合格するためには、150時間~300時間の勉強時間が必要です。

仕事をしながら1日2時間ほどしか時間がとれないという場合には、3~5か月かかるといった感じですね。

学科試験と実技試験があり、合格率は50%ほどになっています。

簡単にというわけにはいきませんが、しっかりと勉強して知識を身に着けておくと、将来役に立つ資格ですね。

詳細はこちらからチェックしてください。

FP通信講座のお申込み

↑目次に戻る

 

会社をやめても一生食べて行ける資格3
女性編

↑目次に戻る

次に、女性におすすめの資格、

  • 調理師免許
    オンラインフードクリエイター
  • ネイリスト
  • 登録販売者

について見ていきましょう。

 

調理師免許
オンラインフードクリエイター

調理師
平均年収目安
341万円前後

調理師は女性よりも男性の方が良いという話も耳にしますが、女性でも頑張っておいしい料理を作っている人は多くいます。

産休や育休などでどうしてもブランクができてしまうこともありますが、子育てもある程度落ち着いたら、本格的に取り組んでみるのも良いかと思います。

調理師免許があれば、飲食店での調理はもちろん、将来自分のお店を持つということもできます。

飲食店で2年以上働いていた経験があれば学歴不問で受験することができるので、関心がある人はまずは飲食店での経験を積むところから始めてみましょう。

 

そして、

在宅で食の仕事がしたい方向けには、オンライン型キャリアスクールというものもあります。

こちら↓

「食」にかかわる仕事なら、調理師という資格を取ることが全てではありません。

  • フードライター
  • フードブロガー
  • 料理動画クリエイター
  • オンライン料理教室講師

などなど、「食」×「IT」のスキルを掛け合わせて、マルチに活躍するオンラインフードクリエイターという道もあります。

しかも自宅で。

すごく楽しそうですよね^^

まずは無料メール講座で内容を確認できるのでとても安心です。

詳細はこちらからチェックしてください。

食のクリエイティブスクールMia

↑目次に戻る

 

ネイリスト

ネイリスト
平均年収目安
200万〜360万円

美容系の資格に関心がある女性も多いですね。

かといって美容師ってなかなか厳しそうだし、立ち仕事も大変そう…

という人には、ネイリストがおススメです。


自分のセンスを生かすことができるお仕事ですよね^^

ネイリストはネイルケアやネイルアート、そしてつけ爪の施術を行う専門家のことです。

ネイリストになるには、資格は必須ではないとは言いますが、将来独立したいと思ったら、資格はあったほうが良いですね。

美容専門学校に通ったり、ネイルスクールに通って勉強することもできますし、独学という方法もあります。

筆記試験と実技試験がありますが、美容系の資格では実技が大切になってきますので、多く練習することがポイントです。

経験を積んだうえで、自分のお店を持つのも夢ではありません。

詳細はこちらからチェックしてください。

美容と癒しのスクールならビューティー資格ナビ!

↑目次に戻る

 

登録販売者

登録販売者
平均年収目安
300万〜400万円

2009年に施工された薬事法改正によって登録販売者が創設され、この資格ができました。

以前は薬剤師だけが医薬品を販売することができましたが、副作用のリスクが低い風邪薬や鎮痛剤などの一般用医薬品の販売ができる医薬系の国家資格なのです。

薬局やドラッグストアなどに常駐して、薬剤師の足りないところを補う存在であり、女性の方が需要が多いようです。

最近ではコンビニでも薬品を扱うようになりましたが、登録販売者の数はまだまだ不足しているので、今資格を取っておくと後々も有利に使うことができます。

試験は年に1回ですが、今のところ合格率も高いといいます。

クスリなどに関心がある人は、早いうちに資格をとっておくというのも良いかと思います。

資格取得後は薬局やドラッグストアなどに勤務することになりますが、ドラッグストアなどの責任者を目指したり、開業したいと思っている人にもおススメです。

詳細はこちらから「登録販売者」をチェックしてください。

【登録販売者】をチェック

↑目次に戻る

 

会社をやめても一生食べて行ける資格4
マイナーだけど今後有望なもの

↑目次に戻る

この中でおすすめの資格はこちら、

  • 終活カウンセラー
    終活ガイド資格
  • SEO検定

順番に見ていきましょう。

 

終活カウンセラー
終活ガイド資格

終活カウンセラー
平均年収目安
397万円前後

一度は耳にしたことがあるのではないかというこの終活カウンセラー

「終活」に関して「カウンセラー」としてじっくりと相手の話を聞き、終活に関する悩みをどの分野の悩みで、どの専門家が必要かということを見極めて、連結してあげる仕事をする人のことを指します。

高齢化社会とともに「終活」という言葉も多く聞かれるようになりました。

そんな終活について、自分自身もまた勉強しながら知識を深めていくこともできますし、周囲の人たちの助けになることもできるやりがいのある仕事になります。

 

少子高齢社会の中で、

「人生の後半期をどのように生きるか」
「どのようにして納得のいく人生の締めくくりをするか」

が大きなテーマとなりました。

将来への不安を解消して、安心の生活を送りたいと多くの方が望んでいます

しかし、

そのためには高齢者の過ごし方や住まい、年金、介護、医療、終末の在り方など幅広い知識が必要で、一人で悩んでいても解決できません。

その良き相談相手となるのが終活カウンセラーです

さらには、

終活カウンセラー協会が認定する講師養成講座を受講し、試験に合格すれば、認定講師として活躍することも可能です。

詳細はこちら

この資格だけを持って独立するということもできますが、これだけではちょっと弱いという感じもしますね。

関連の仕事をしながら、この資格を取り、役に立てるというのもこの資格の活かし方の一つです。

例えば、葬儀にかかわる葬祭業、墓石のことなら石材業、保険や金融関係の仕事をしている人も、終活にその知識を生かすこともできます。

有終の美とはいいますが、自分の人生を「良く」終えることができ、さらにほかの人たちにもそのサポートができるというのは、有意義なことではないでしょうか。

関連した資格には、

  • 墓石ディレクター
  • 葬祭ディレクター

などがあります。

こうした資格も一緒に持っていると、知識の面でも、仕事の面でも役に立つでしょう。

 

また、

終活の専門家として活動するための知識と情報が学べる、「終活ガイド資格」というものもあります。

こちら↓

これは、医療・介護・保険・相続・葬儀・お墓など、終活にかかわるすべてのお困りごとに対応できる内容で、地域の相談やお困りごとを解決できる人材を育成する資格です。

なので資格取得後は、終活の専門家として活躍できるように作られた資格ということです。

 

そしてこの終活の知識や情報は、自分のためにも人生の最期に後悔したり孤独になる可能性が低くなる資格(知識)ともいえ、その前には介護が控えています。

なので、一度はしっかり身につけておきたい知識とも言えます。

高齢化が進むこれからの日本の終活業界は隠れた成長産業と言われているので、個人的にとっても気になる資格です。

詳細はこちらからチェックしてください。

【終活ガイド上級(1級)資格】


↑目次に戻る

 

SEO検定

SEO検定取得者
平均年収目安
350万〜625万円

SEO検定というのは、一般社団法人全日本SEO協会が主催している資格です。


この資格は、

  • ブログを書いている人
  • 会社のホームーページを管理している人

などが、

主にサイトを検索上位に表示させるための、運用方法や知識を習得するものです

なので、

もちろん企業でも必要とされている人材ではありますが、自分でウェブライターをしている人にも役立つ資格です。

 

資格を取得して、SEOコンサルタントやウェブライター、ウェブマーケターとして活躍することもでき、独立して稼ぐことも可能です。

難易度も上級になるにつれて難しくはなりますが、最初のとりかかりは比較的簡単なので、関心がある人は一度勉強してみるのも良いでしょう。

詳細はこちらからチェックしてください。

自宅でしっかり学べるWEBの資格【SEO検定】



↑目次に戻る

 

会社をやめても一生食べて行ける資格5
好きなものを生かす

↑目次に戻る

好きなことを仕事にしたいという人も多いですよね。

好きなことの延長で仕事もしてお金を稼ぐことができたら、そんな素敵なことはありません。

この中でおすすめの資格はこちら、

  • 唎酒師(ききさけし)
  • 紅茶マイスター、バリスタ

順番に見ていきましょう。

 

唎酒師(ききさけし)

唎酒師
平均年収目安
不明(すいません)

ワインのソムリエは知ってる人も多いでしょうが、日本酒のソムリエって聞いたことありますか?

日本酒ソムリエという資格はないのですが、唎酒師(ききさけし)や酒ディプロマといったものがあります。

多くある日本酒の基礎知識から味わいや香りを判断する能力があり、人にわかりやすく説明する能力を身に着けると唎酒師になることができます。

やはり日本酒が好きでなければできないお仕事でもあります。

でも、

「資格を取ったら何ができるか?」

ということですが、居酒屋やレストランなどで勤めながら日本酒を選んでお客様に勧めることもできますし、日本酒のイベントなどを主催して多くの人たちに日本酒の良さをアピールすることもできます。

独立したいという場合には、酒屋さんや居酒屋などのお店を開いて、その資格を生かすということもできますね。

詳細はこちら

↑目次に戻る

 

紅茶マイスター、バリスタ

紅茶マイスター
平均年収目安
300万円前後

日ごろからコーヒーが好きだ、紅茶が好きでよく飲んでいるという人たちには、こうした資格もおススメですね。

日本でとれる紅茶の資格には、

  • 紅茶検定
  • 紅茶アドバイザー
  • 紅茶マイスター
  • ティーインストラクター
  • 紅茶コーディネーター

などがあります。

中でも紅茶マイスターを取得しておくと、紅茶のお店を開業するときにも役立ちます。

開業するだけでなく、自宅やお店、またはカルチャースクールなどでの講師としても活動することができますよ。

紅茶に関する知識はもちろん、紅茶のお店の経営やマーケティング、ティールームの設備・内装といった実践的な内容も学ぶことができるので、小さくても自分の紅茶のお店がしたいなと思ってる人にはおススメです。

 

一方、バリスタはコーヒーの専門家とも言えますね。

毎朝、一杯のおいしいコーヒーとともに活動を始めるという人も多いのではないでしょうか。

そんなおいしいコーヒーの淹れ方を本格的に学び、カフェなどでの実務経験を積みながら、将来は自分のお店を開業するということもできますね。

お茶好き、コーヒー好きの方たちには、こんな資格も良いかなと思いました。

「好きこそものの上手なれ」とはよく言ったもので、好きだからこそもっと深く学びたいと思うし、もっと多くの人に広めたいと思うものですよね。

嫌いな仕事をイヤイヤしているよりは、自分の好きなことに打ち込めるというのは実は少し大変だったり厳しいこともあるかもしれませんが、幸せなことでもあるんですよね。

詳細はこちら

↑目次に戻る

 

会社をやめても一生食べて行ける資格6
簡単じゃないけど確実な資格

↑目次に戻る

比較的簡単にとれる資格を紹介してきたのですが、それよりはちょっと難しいのだけど確かな資格、

  • 宅建士
  • 行政書士
  • 公認会計士

について見ていきましょう。

 

宅建士

宅建士
平均年収目安
300万〜650万円

宅建士というのは「宅地建物取引士」の略で、不動産取引をする人のことをいいます。

不動産業界で仕事をしようとしている人たちは、毎年のように受かるまで試験を受けていますね。


ただ、

資格を取ってもまずは実務経験を積み、その後独立してもすぐにたくさん儲けられるというわけではないので、長い目で見た場合で有望な資格です。

将来も不動産取引はずっとあるものですから、この業界でやっていきたいと思う人はチャレンジしてみると良いでしょう。

詳細はこちらからチェックしてください。

本気の人に選ばれるWEB通信講座『スタケン宅建講座』

↑目次に戻る

 

行政書士

行政書士
平均年収目安
315万〜419万円

行政書士という資格もよく耳にしたことでしょう。

もう何年も前になりますが、私も通信講座で学ぼうとしたことがあります。

途中で挫折しましたけど^^;

町の法律家として活躍できる行政書士のお仕事というのは、

  • いろんな種類の書類作成や相談
  • 事実証明に関する仕事
  • 契約の代理

などがあります。

もっと具体的な仕事を紹介すると、

  • ペットトラブルに関する書類作成
  • 離婚の公正証書の作成
  • 終活の手伝いや相続のコンサルタント

といったお仕事なのです。

困ってる人のお手伝いができるという面ではやりがいのある仕事でもありますが、独立して高収入を得るというところまで行くには、なかなか大変なようです。

合格率も10%ほどだというので、この仕事がしたいと本気で挑戦してみたい人におススメです。

まずは無料で資料請求をするのがおススメです。
詳細はこちらからチェックしてください。

高い合格実績で選ぶなら資格の大原 行政書士講座



↑目次に戻る

 

公認会計士

公認会計士
平均年収目安
992万円前後

企業の監査業務ができるのが公認会計士であり、医師・弁護士と並ぶ国家3大資格の一つです。

合格率も11%とかなり難しいものなのですが、もともと会計士のお仕事をしている人は公認会計士の資格も欲しいと思ってる人もいるのではないでしょうか。

資格を取るのに時間もお金も投資することになりますが、いくら社会デビューが遅れたとしても、

  • 初任給の金額の高さ
    (30万〜35万円)
  • しっかりとした昇給フローがある

という点で目指す価値のある資格なんです。

 

もちろん取得後に経験を積んで独立・開業もできます。

若いうちに志し、努力していけば夢ではないかと思います。

まずは無料で資料請求をするのがおススメです。
詳細はこちらからチェックしてください。

高い合格実績で選ぶなら資格の大原 公認会計士講座

 

以上、紹介した3つの資格は国家資格だけに確実なものですし、努力次第で合格後の開業・独立などもできるので、本気で頑張る人におススメの資格たちですね。


↑目次に戻る

 

会社をやめても一生食べて行ける資格7
【番外編】資格よりスキル!

↑目次に戻る

資格は資格であったほうがいいかもしれないけれど、スキルがあったほうが稼げるんじゃない?

っていう人もいます。

資格があれば履歴書にも書けますし、開業するときにも資格証をかかげて広告し集客することもできますが、中身が伴わなければ長い目で見た場合に失敗することもあるわけです。

「資格はないけれどもこのスキルさえあれば」という、

  • プログラミング
  • Webマーケティング
  • 動画編集

以上を見ていきましょう。

 

プログラミング

プログラマー
平均年収目安
437万円前後

WebアプリやWebサイトを開発したりするプログラミングのスキルがあれば、あちこちで需要があり、またフリーランスとしても活躍して行けるものです。


初心者の場合はスクールなどで学び、さらに実務経験を積めば、独立やフリーで仕事をすることも十分にできるでしょう。

詳細はこちらからチェックしてください。

現役エンジニアのオンライン家庭教師CodeCamp

↑目次に戻る

 

Webマーケティング

Webマーケター
平均年収目安
300万~800万円

Webマーケティングというのは、

Web上で人を集めて物を購入してもらったり、サービスを購入してもらったりする仕組みを作ることです

つまり、WebサイトやSNS、YouTubeなどが主になりますが、そこで集客し、購入してもらえるようなしくみを作っていくということですね。

プログラミング同様、需要が高く、今後も必要とされる人材です。

1~2年実務経験を積めば独立しやすくなり、高い収入も望めるスキルのようです。

↑目次に戻る

 

動画編集

動画編集
平均年収目安
415万円前後

動画編集は突き詰めれば奥が深い技術です。

しかし、

基本から応用まで一通りの技術を習得するだけなら、2~3か月の勉強で習得可能です。

今でも、

  • 企業がYouTubeなどに出したい広告の編集
  • 個人でも「YouTubeにアップしたいけど編集だけはできない…」
  • 忙しいくなってきたYouTuberからの依頼

という需要はとても多いんです。

ちなみにこちらクラウドワークスに登録すれば、これらの↑お仕事はたくさん発注されています。

お仕事の種類は246種類!在宅ワークならクラウドワークス

もちろん登録は無料ですし、登録したからといって仕事をしなけれなならないわけではありません。

条件に同意して初めて作業ですから、興味があればまずは登録しておくことをおすすめします。

どういった仕事が発注されているのかを見るだけでも勉強になりますし、自分に必要なスキルの確認にもなってとても参考になると思います。

また、

自分にできないことでも、このクラウドワークスからお仕事をお願いすることもできます。

発注者になるということですね。

一度チェックしておきましょう。

【シェアNo.1】どんな仕事も、簡単ネット発注

戻ります。

なので、

勉強して少しの知識と指を動かす行動力さえあれば、フリーランスでも十分活躍できます。

特にこれといった資格はないけれど、

  • 動画編集は面白くてはまってしまう人
  • センス良い広告動画が作れる
  • 編集作業が好き

という人にはおススメです。

資格がなくても技術さえあれば稼いでいける、「手に職」というものですよね。

この「動画編集」という技術は、その部類に入ります。

 

この編集のスクールに関してはたくさんあるんですが、その中でも多くの人に選ばれているのがこの3つ、

がおすすめです。

ぜひチェックしてみてください。

動画編集スクール【クリエイターズジャパン】

 

実践的な動画編集スキルを「体系的」に「最短」!で学べる【レバレッジエディット】

 

映像クリエイター養成スクール【MOOCRES】

 

これからの時代どうしても「IT系」「Web系」の仕事が増えると、活かせるスキルもこうした系統のものになってくるのは事実ですが、「どうもこういうのは苦手で…」という人でも、やはり自分の得意分野で活かせるスキルを磨いていけばいいと思います。

「やりたいことよりできること」です。

先に調理師の資格のところでも上げましたが、

料理が得意な人は、その腕を磨けば人が集まるお店にすることができますし、

手先が器用でハンドメイドが得意という人は、ハンドメイドのアクセサリーや革製品などを作って販売するともできます。

持っているスキルを生かす。磨く。

これは資格同様「稼ぐ」に直結することです。

↑目次に戻る

 

まとめ

↑目次に戻る

「会社をやめても一生食べて行ける資格」ということで紹介してきました。

が、もちろん「一生食べて行ける」ということは必ずしも当てはまらないかもしれませんので誤解のないように^^;

 

以上できるだけ簡単にとれるものを紹介してみましたが、他にもまだまだ資格はあるかもしれません。

何年も努力してやっと得た資格は、中には一生ものの資格となり、収入も多く得られるかもしれません。

しかし、

逆に短期間で簡単にとれる資格というのは、さらなる努力と経験がものをいうように思います。

また、苦手な分野でがんばるよりも、自分の「好き」や「得意」を伸ばしていけるような資格やスキルを磨いていくほうが良さそうですよね。

今回ご紹介した資格をまとめると、

※↑クリックするとそこへ移動します

以上、7つの分類で、

16の資格と、3つのスキルになります。

ぜひ参考にしてください。

↑目次に戻る

退職届の用紙を100均で買うならどれ?封筒のサイズは?コンビニでもある?など選び方のポイント履歴書は履歴書の用紙があってそこに書けば良いのですが、退職するときには決まった用紙ってあるのでしょうか?今回はそんな退職届の用紙と封筒について調べてみました。「退職届の用紙を100均で買えるのか?」「退職届を入れる封筒はどんなサイズを選べば良いのか?」「郵送で提出する時の封筒はどうする?」「コンビニでも買えるのか?」について。...
【会社を休む理由】家庭の事情で急用に対応できる効果的なものと伝え方のポイント会社に行きたくないなあ〜と、仕事に疲れて休みたくなる時はあります。また、「ライブのチケットを取れたんだけど...会社休みたいなあ」「遊びに行きたいんだけど明日休みとれないかな...」と思うこともあります。というわけで、「家庭の事情を理由にする」「自分の健康を理由にする」「交通機関のトラブルや自家用車の故障などを理由にする」「会社を休みたい時は無理をしない」など会社を休む理由について。...
【退職代行おすすめ2社】悩むことはありません、頼めばいいんです。退職を心に決めたものの、なかなか言い出せないっていうことがあります。 上司に退職の意思を伝えても、 「今、忙しい時期だか...
【転職先をしつこく聞かれる時の対処法】絶対に言わない方がいい?言ってしまったらどうなる?転職先が決まり、いよいよ退職の意思を会社に伝えると、 「どこに決まったの?」 と聞かれることがあります。 ...
転職先が決まってから退職までベストな期間は?パートやアルバイトも同じ?転職するときには、転職先をまず見つけてから退職するというのが一般的です。 転職先も決まっていないのに辞めてしまうと、再就職に思わぬ...
【面接で退職理由が思いつかない】例文(サンプル)や注意点、対策はある?転職の面接で聞かれるのが、 「退職理由」。 私は面接の緊張からしどろもどろになってしまい、頭の中が真っ白になったことがありま...
退職の挨拶回りはどこまで?社内、社外にギフトなどのマナーについて退職が決まったら、引き継ぎの含め、最後の挨拶回りは大切ですよね。 後々の印象も違ってきますし、離れるといっても世間はせまいものなん...
退職願の理由を具体例でご紹介!書き方の基本はわかりやすくシンプルに退職を心に決めたら、まずは上司と相談して退職日などを決めないといけませんね。 そして必要になってくるのが、退職願や退職届といったも...
転職時に年収交渉の相場を知っておきましょう!そして遠慮せず伝えていいんです転職を機に年収アップを考えてる人や、年収アップを図って転職を考える。ということはよくあることです。 でも、 「転職時に、...
転職1ヶ月で退職ってあり?理由はどうすればいい?その後就職する時の対処法は?新たな希望をもって転職してみたはいいけれど...... 1か月もたたないうちに...... 「もうここではやっていけない!」 ...
転職ブランク(空白期間)に何もしてない人でも大丈夫!行動さえすればOKです!前の会社をいろんな事情で辞めてから、次の会社に転職するまでの期間が長くなり、この空白期間に何もしていなくて転職活動がハードルが高くなって...
源泉徴収票のために電話したくない!転職先にいろいろばれる?などの対処法について転職した後に転職先の会社から「源泉徴収票を出してください」と要求されます。この時、「辞めた会社に電話したくない」「前職のことがばれたくない」「提出したくない」ということもありますよね。というわけで、「前の会社に電話したくないときなどの対処法」「源泉徴収票で何がわかる?(いろいろばれる?)」「そもそも源泉徴収票とは何なのか?なぜ必要なのか?」について調べてみました。...
転職の同時進行は何社?また応募しまくる状況で面接して両方受かった場合の対応は?転職活動をしている人たちは、同時に複数の企業に志願していることが多いです。 これって普通なこと? そうなんです。転職活動中は...
【転職面接の服装】女性30代はどうすればいい?バッグなど持ち物は?就職や転職の面接には、質問に答えることも大切ですが、第一印象が決まる服装も大切なポイントです。 男性だとビジネススーツと決まってい...
転職の最終面接はほぼ合格!の確率が高い傾向にあります。自信を持って面接に臨みましょう初めて就職するときも、転職するときも、面接というのは緊張するものですよね。 今まで築いたスキルをもって、他の会社に転職を考えている...
「動画編集を覚えたい」「YouTubeや副業に興味がある」という人におすすめの教材!こんにちは! つくしです 【動画編集】ってできるようになると意外に楽しいんですよね。 つくしは好きな作業です。 ...
つくし
つくし
以上!
今回はここまで!

COMMENT