つくしの雑記

朝、洗顔しない派は毛穴の汚れとか大丈夫?朝の洗顔はした方がいい?しなくていい?

なんでも最近、朝、洗顔しない派が増えているとか?

有名芸能人たちも朝の洗顔をしないけど、美肌を保ってるという話も耳にします。
果たして、朝の洗顔をしなくてもお肌をきれいに保てるのでしょうか?

それとも、朝の洗顔はやっぱりしたほうが良いのでしょうか?

しなくてもいいのだったら、楽でいいなあと思って、その真相を調べてみました。

 

朝の洗顔はした方がいい?

まずは結論から。

朝の洗顔はした方が良いのです。

その理由を説明していきますね。

 

夜寝る前にメイクも落として、洗顔して、スキンケアして寝れば、朝は特に汚れもないはず……

と思いがちなのですが、これは大きな間違いです。

夜寝ている間にも皮脂は発生しますし、空気中の汚れやほこりがついているのです。

これを放っておくとどうなるでしょうか?

 

朝のメイクのノリが悪いだけではなく、毛穴のつまりの原因になったり、お肌の黒ずみの原因になったりするのです。

また汚れが酸化し、お肌の老化へと導いていくことになります。

さらに、洗っていない顔に基本スキンケアをしても、お肌の表面の油分ではじかれて、しっかりと浸透しないということもあります。

夜の汚れは朝にきちんと落としておくことで、お肌のコンディションを守ることができますよ。

 

洗顔しない方が肌綺麗?

でも、洗顔しない方が肌がきれいだっていう話もありますよね?

お肌のきれいな女優さんたちも朝の洗顔していないって聞いたことあるっていう人もいるでしょう。

でもこれは、お肌の状態にもよるのです。

 

朝は洗顔した方が良いと先述しましたが、これもお肌の状態によって洗顔方法が変わってくるのです。

では洗顔しない方がよいのはどんなお肌でしょうか?

 

それは「乾燥肌」「敏感肌」のお肌の場合です。

 

こうしたお肌は、強い刺激を嫌がりますよね。

乾燥肌の人は、洗顔料で洗顔すると、肌がつっぱるという人も多いです。

これは必要な皮脂までも落としてしまっているからなのです。

乾燥肌の人が朝の洗顔にも洗顔料を使って皮脂を落としていると、さらに乾燥するようになります。

なので、乾燥肌の場合は、洗顔料を使わずに「ぬるま湯」で洗うことをおすすめします。

これは敏感肌の人にも言えることです。

刺激の強い洗顔料を使って、洗う必要もなく、ぬるま湯で優しく洗うだけでも、ほこりなどの汚れは落ちるからです。

 

また、洗顔するときの摩擦によってもお肌は刺激をうけています。

こうした刺激を和らげるだけでもお肌を守ることができるのですね。

洗顔しなくてもお肌がきれいな状態を保っているのは、こうした自分に合った洗顔をしているからなのです。

 

お湯だけ洗顔の方法とメリット

乾燥肌や敏感肌の場合は、朝にはぬるま湯だけの洗顔でも良いというわけなのですが、どうしてぬるま湯が良いのでしょうか?

 

洗顔するときには、人肌よりもぬるいお湯で洗うのが良いのです。

熱すぎると、必要な皮脂も落ちてしまってより乾燥してしまいます。

逆に冷たい水だと、刺激が強くてお肌に負担になってしまうのです。

なので、ぬるま湯が良いということなんですね。

 

ぬるま湯で洗顔する方法

洗顔する前に、まずは石鹸で手をきれいにあらいます。

朝起きた時には手にも汚れがついています。

汚れのついた手で顔を洗っても、汚れがつくだけなので、手をきれいにしましょう。

ぬるま湯を手につけて、指の腹をつかって優しくなでるように顔をあらいます。

洗い終わったら、清潔なタオルで、優しく拭きます。

タオルで拭くときもゴシゴシするのではなく、お肌にやさしく当てるようにしましょう。

洗顔後のスキンケアは十分にしましょう。

 

お湯だけ洗顔のメリット

では、お湯だけの洗顔のメリットについても見ていきましょう。

お肌を守る

何度も触れていますが、乾燥肌の人にとっては、必要な皮脂までも落としてしまう洗顔料を使った洗顔は夜の1回だけで十分なのですね。

また余分な刺激をお肌に与えることもありません。
お肌を守るためのお湯だけ洗顔なのです。

楽ちん+時短

朝の洗顔をお湯だけにすると、とっても簡単に済ませることができるので楽になります。
朝の忙しい時間帯に時短することもできますね。

 

本当にお湯だけでいいの?

お肌を守るためとはいえ、毎朝、お湯だけで洗顔していて、これでいいのかな?と疑問に思うこともあるでしょう。

例えば、お肌が黒ずんできたとか、スキンケアしててもなんとなく浸透しずらいように感じるとか。

Tゾーンや小鼻のあたりは、やっぱり脂っぽくてスッキリさせたいなあとか。

そういうことを感じたら、脂っぽいなと感じるところだけ洗顔料を使って洗うこともできます。

テカリの原因になったりするので、必要なところに必要なケアをしてあげることが必要ですね。

また、お湯だけでは物足りないと思ったときに、ふき取り化粧水を利用する方法もあります。

ぬるま湯で洗顔した後に、ふき取り化粧水をコットンにしみこませて、肌をなでるようにしてケアしましょう。

ふき取り後はいつものスキンケアでOKです。

他には、毛穴のつまりが気になるな~というときには、スチームでケアする方法もあります。

お湯だけでは毛穴のつまりまでなかなか解消できないこともあります。

スチーマーがあれば、スチーマーで5分くらい蒸気をあびて、タオルで拭き、スキンケアをします。

スチーマーがなければ、蒸しタオルでもできます。

こうして毛穴ケアをした後も、しっかりとスキンケアをして保湿しましょう。

 

まとめ

朝の洗眼時間を短縮することもできる「お湯だけ洗顔」で、乾燥肌や敏感肌などのお肌を守ることができます。

しかし、すべての人にこれが合うとは言い切れないので、自分に合う洗顔法を見つけてほしいなと思います。

綺麗なお肌で新しい1日をスタートしたいですね。

 

つくし
つくし
以上!
今回はここまで!

 

 

COMMENT