つくしの雑記

マスクをしてファンデーションとかベースメイクの化粧は肌に悪い?しないほうがいい?

ウイルス対策や花粉症対策など、様々な理由でマスクを利用する人も多いですよね。
近頃はマスクの需要がかなり増えている状態となっています。

そこで、

マスクをするときにメイクをしていますか?
それともベースメイクをしないですっぴんでしょうか?

 

そんな中、

「ファンデーションをしてマスクをつけると肌荒れをする」

という話を聞くことがあると思います。

 

例えばこのような、


みなさんご存知、マスクに付きにくいファンデーションですよね^^

とってもいい商品です。

 

と、いうことで今回は、

お肌のことを考えてマスク着用時にメイクをするべきか?しないべきか?

「実際のところ、肌への影響はどう?」
「みんなどうしてる?」

この点をご紹介していきたいと思います。

 

化粧をしたままのマスクは肌に悪いはウソ?!

  • マスクを利用する際は化粧はするべきなのか
  • 隠れる部分なので化粧しないほうがいいのか

気になる部分ですよね。
女性の方なら一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。

私も、毎年風邪をひいたりインフルエンザにかかったり。

そうでなくても、花粉症がひどかったりするので1月から4月くらいまでは
毎日のようにマスクを利用しています。

職場に行く時は、もちろん何があるかわからないので化粧をしていくのですが、休日は出かける予定がなければすっぴんにマスクです。

この時期になると毎年そんな生活をしていますが、やっぱり気になるのが肌荒れなんですよね。

ニキビが増えたり赤みが出てきたりしてとっても憂鬱な気分になります……

 

どうして荒れてしまうんだろ?
と調べてみると、

どうやらこのマスクによる肌荒れは、化粧が原因なのではなくマスクをしていることによって起こる「摩擦」が原因。

ということがわかりました。

さらには季節によっては、「乾燥」も加わってより肌荒れしやすくなるのです。

 

なのでファンデーションなどのベースメイクは、

肌に悪い影響を与えるどころか、素肌をカバーしているので摩擦によるダメージを減らしてくれている。

ということなのです。

原因だと思っていた化粧が肌を守ってくれていたんですね……申し訳ない。

 

結論として、

マスクをする際には、あえて化粧をしたほうが「摩擦を避ける」という効果のためには、いいのかもしれません。

 

【習慣別】マスクをするときはこんな対応
このアイテムがオおすすめ

マスクをすると、肌のとの「摩擦」によって時に肌荒れが起きてしまう。そしてそれは、ファンデーションなどを塗ることで予防できる。ということでした。

では、具体的にはどんな対応をするのが良いのでしょうか?

 

すっぴん派

「メイクをした方がいいといってもやっぱり私はすっぴんがいい!」

って言う人もいます。休日などはお肌も休めたいですし。

「メイクするのもめんどくさい」

っていうことで近所のへの短時間の外出ならすっぴんでマスクをする人も多いでしょう。

私もその仲間です(笑)

 

短時間であればマスクの摩擦も少ないでしょうし、特に問題はないと思います。

すっぴん派の方は、マスクをしても「あえて対策をしない」という選択がベストです。

 

先んじて慣れてないものを肌に塗って肌荒れ……

こんな結果は損です。

なので、

肌の反応を確認してから対応するのがいいでしょう。

 

ベースメイク派

出勤するとか人に会う約束があるという場合には、やはりすっぴんでというわけにはいきません。

ベースメイクだけするという人も多いです。

いわゆるBBクリームやファンデーションだけという人たちです。

マスクとの摩擦を予防するためにもファンデーションを塗るくらいは
しておいたほうが良いかもしれません。

マスクをしても見える部分のお肌がシミだらけだったり、血色が悪く見えるのもよくないですので、BBクリームやファンデーションはお勧めです。

 

ところで、

マスクをするときに気になるのが化粧崩れ。
ファンデーションもよれたりするんですよね。

この時に、おすすめなのが「パウダータイプのファンデーション」です。

他のリキッドやクッションよりもパウダーのほうが崩れにくいと言われています。

 

そんな時のおすすめこれ。

 

資生堂
マキアージュドラマティックパウダリー


ムース生まれのパウダリー。
毛穴も、色ムラも、一瞬でカバーし、素肌そのものがキレイかのような仕上がり。
やわらかフィットスポンジ付き。
水あり、水なしのどちらでも使用可能。

 

また、クリーム状のファンデーションでおすすめは、
こちら、

薬用クリアエステヴェール美容液ファンデーション

セールバナー

うす付きで自然なのに、シミ・しわ・毛穴もカバーしながら透明感のあるツヤ肌へ。
美容成分たっぷり68種類!1日中しっとり保湿。
SPF35 PA+++で紫外線対策&近赤外線からもお肌を守ってくれます。

 

ベースメイク+アイメイク・チーク派

ファンデーションだけでは物足りないという人。もしくは見えてる部分だけでも印象を良くしたいと思ってる人にアイメイクやチークもおススメします。

マスクをすると見える部分って目のあたりがほとんどですよね。なので、アイメイクをするとずいぶんと印象が変わりますよ。

アイシャドウなどは明るめの色にすると血色がよく見え、相手にも明るい印象を与えることができます。

また、目の下にクマがあったら、コンシーラーなどで隠しておくのもポイントですね。

 

チークはほとんど見えないんじゃない?

 

って思いがちですが、普段よりも上のほうにうっすらとつけることでマスクに隠れない部分で見えて好印象です。

 

そんな、マスクをしていてもベースメイクだけではなく「マスクをしていてもちゃんとしてる」と思わせるコスメがこれ。

 

クリオ
プロアイパレット


韓国コスメブランドのアイシャドウパレット。
「捨て色なしで使える!」
と口コミの高い商品!

 

その他

マスクを外したときの化粧崩れが気になる人は、使っているBBクリームにオイルをプラスして、スポンジでささっとぬるという工夫をしている人もいます。

崩れが気になるから、
マスクに色がつくから、

とチークや口紅も抜きという人もいます。

マスクを外さないという人の中には、見える部分だけベースとパウダーでメイクしている。という人もいます。

化粧崩れがどうしても気になるという時には、崩れ防止スプレーを吹き付けておくと崩れにくくなりますよ。

 

メイクキープスプレー


 

【中学生でメイクってやばい?】早いのか、した方がいいのか、肌荒れを気にするとリップだけ?撮影技術をしていると、現場でメイクさんとお話することもしばしば。 その時、 「メイクって肌に悪いの?関係ないの?」 と...

 

まとめ

マスクは、まだまだこれからの時期にも必要になってくるアイテムです。

女性の方はマスクをする際にメイクをすることで、肌が荒れてしまうと考える方も多いと思いますが、実は素肌の方が肌には影響があることがわかりました。

摩擦のダメージを最低限に抑えるためにも、メイクはできるだけしたほうがよさそうですね。

いくつか挙げたメイクの方法もお好みで選んでみてくださいね。

【中学生でメイクってやばい?】早いのか、した方がいいのか、肌荒れを気にするとリップだけ?撮影技術をしていると、現場でメイクさんとお話することもしばしば。 その時、 「メイクって肌に悪いの?関係ないの?」 と...
「マスク外したくない」「外せない」仕事で使えそうな理由や言い訳ってある?今、マスク着用は必須ですが、今後以前のようにマスクをしなくてもいい日常がやってくるはずです。 でもその時に、 「マスク外...
シャワーヘッドの掃除はつけおき?カビキラーは使っても大丈夫?買い換えるならおすすめはこれ!水(お湯)しか出してないとはいうものの、「水垢」がけっこうたまります。 シャワーヘッドの穴が詰まってしまうとシャワーの水もちゃんと...
表情筋 鍛えない方がいい?トレーニングは逆効果?肌や小顔のためにメリットと思っていたことはデメリット?!表情筋のトレーニングって、逆効果になる可能性もあるって知ってますか? 年を重ねるごとに、顔のたるみやシワなどが気になりますよね。 ...

 

つくし
つくし
以上!
今回はここまで!

 

 

COMMENT