つくしの雑記

最近対向車のハイビームが眩しい状況が多いのはなぜ?対策は、

車を夜間走らせていると、対向車のハイビームのライトが眩しくて目を背けたくなる事があります。

便宜上ハイビームにしているという場合や、切り替えを忘れをしている場合もあります。

夜、車を運転している人ならわかると思いますが、普段昼間通っている道路でも夜になると、視界が暗く【怖い】と感じる人もいると思います。

私も、視力が悪く、普段はコンタクトレンズを着用して運転しているのですが、夜の運転は非常に怖いと感じる事もあります。

視界の明るさがなく、周囲が見づらくなっての運転は怖さがあります。

そこで、対向車がいない時は遠くまで見やすくするため、ハイビームと下向きライトを切り替えて運転しているのです。

これは推奨されている方法で、うまくハイビームと下向きを切り替えて安全に運転することが望ましとされていますが、ハイビームを主導で切り替えを忘れてしまうこともあるのです。

当然、すれ違う車の運転手は非常に眩しく感じて、目をそらしたくなるくらいです。

では、ハイビームの眩しさの対策はどうしたらいいのか。

そもそもハイビームを切り替えて、対向車の視界を遮らない方法がいいのですが、ハイビームに遭遇した時の対策を見ていきます。

【ハイビームが眩しい】この機能は必要!?使い方は?

車を運転していて、夜になるとライトを点灯させますよね。

中には無灯火で運転している人もいますが、とても危険だと感じます。

普段通り慣れている道でさえも、夜に通行すると、先が見づらく、見える範囲も非常に狭いです。

そこでライトには、

  • 下向きライト(すれ違いライト)
  • ハイビーム

の2種類があります。

違いは、
下向きライトは40m先まで。
ハイビームは100m先まで照らすことができます。

当然、ハイビームの方が遠くまで照射することができるので、危険をいち早く確認することができます。

が、対向車がすれ違う際は非常に眩しく感じてしまいます。

眩しく対向車の運転手が目をそらしてしまい、ハンドル操作を誤って事故につながるケースも中にはあります。

では、対向車に悪影響を与えるハイビームは必要か?

という疑問ですが、スピードさえ出さなければ40m先まで照射できる下向きライトで、大丈夫と考える人がいます。

しかし、夜間の走行の基本はハイビームでの走行が正しいのです。

そこで、最新の自動車には自動でハイビームと下向きライトを切り替えてくれる車もありますが、その機能がない自動車もうまく切り替えて使う必要性があります。

ハイビームが眩しいときの対処法とは?遭遇したときのために

ハイビームのライトで運転することは、運転上のルールでは正しいのですが、対向車がいるときは、下向き(対向車すれ違い用)のライトに切り替える必要があります。

ただ、悪気はないにしろ、ハイビームを下向きに切り替え忘れている人がいます。

当然、その状態だと対向してくる車の運転手は眩しくて、目を背けたくなります。
その一瞬、視界はフロントガラスから外したことが原因で “事故” につながるケースもあります。

どうしたら防げるのか?

もちろん、相手の対向車が下向きに切り替えてくれればいいですが、運転中はテレパシーでもない限り伝わらないですよね。

そこで、ハイビームの眩しさを軽減する方法として

  • 直視しない
  • サングラスなどを着用
  • サンバイザーを立てる

などがあります。

やはり、一番はハイビームの光を直視しない事が大切です。

若干、左側に視線をずらして、なおかつフロントガラスから目を外さない事が大切です。

特に雨が降っている時は、雨粒に光が反射してさらに見えにくくなる傾向があります。
うまく、活用して対策をして眩しさを軽減させてください。

ハイビームの車がすれ違ったら教えてあげるべき?トラブルの原因?

ハイビームで運転をしていて、ついつい下向きライトに切り替え忘れて、対向車にパッシングをされる事があります。

対向車の存在に気づいて、下向きライトに切り替える事を忘れた私が悪いのですが……

では、自分が運転をしていて対向車がハイビームだったら。
同じようにハイビームである事を教えてあげる方がいいのでしょうか?

ライトをパチパチとして気付かせる事をパッシングと呼ぶのですが、このパッシングをすると対向車で運転している人にとっては、頭にきてトラブルになるケースもあります。

最近であおり運転などの重篤な運転マナーが問われている時代で、このパッシングによるお知らせの効果はどうなのでしょうか?

実は、ハイビームという点灯は対向車だけでなく、前を走っている車の運転している人にも悪い影響を与えている事があります。

対向車のハイビームで眩しい時は、前記した直視しない方法やサンバイザーなどを活用する方法があります。

では、後ろの車がハイビームの時は?

眩しい経験した事はありませんか?

フロントミラーでハイビームが反射して、その光が直接運転している人に当たるので非常に眩しく、事故に直結しやすい事態になります。

そうならない為にもすれ違いの再、対向車がハイビームだったら教えてあげるべきだと思います。

しかし、それを伝える方法がわかりません……すいません。

過ぎ去った後は関係ないかもしれませんが、後でトラブルに発展しているかもしれません。なので知らせてあげる優しさも大事かな、と思います。

まとめ

夜間を運転する際は、非常に視界が悪くなりますよね。

昼間と同じ道路を通っているのに、夜間だと視界が狭くなり、危険を感じたりするものです。

当然ライトをつけますが、対向車がいる場合は下向きですよね。

でも、対向車のいない時の走行はハイビームが基本なんです。

ただハイビームを切り替え忘れ、対向車が眩しい思いをすることもあると思います。

ハイビームの眩しさの対策として【直視しない】【サンバイザーを活用する】などの対策が必要です。

最近では自動でハイビームに切り替えたりしてくれる車もありますが、このことを自覚して、切り替え忘れないように注意して運転しましょう。

うまく、ライトを切り替えて安全なドライブを楽しみましょう。

 

つくし
つくし
以上!
今回はここまで!

 

 

COMMENT