つくしの雑記

卒業式の父親はカジュアルじゃダメ?マナーを守って服装はおしゃれにしたいパパのポイントについて

お子さんの卒業式(入学式)にはお母さんだけ参加しますか?
それともお父さんも一緒に参加しますか?

最近ではお父さんの参加も増えてきましたよね。

せっかくのお子さんの晴れ姿を見る機会なので、できればお父さんもお母さんも一緒に参加できたらお子さんもうれしいでしょう。

卒業式に行くと決めたら、お母さんだけではなく、お父さんも着ていく服に悩むものです。

そういう場にはあまり行ったことがないというお父さんは特にそうですね。

普通のスーツでいいのか?
礼服?
カジュアル?
何を着て行ったらいい?
場違いな服ってある?

頭の中がグルグルしてきそうです。

というわけで、

について。

卒業式を目の前にしているお父さん!

ぜひ参考にしてください。

ちなみにお母さんはこちら

【卒業式のスーツ】母親40代で体型カバーできる服装は?大きいサイズの選び方やコツは?入学式に着たスーツがあるから大丈夫~なんて思ってたら、お母さんの体型は変わりやすいものです。そこから「卒業式のスーツで、母親40代で、体型カバーできる服装は?」「ぽっちゃりもカバーできる服装は?」とあたふた...っていうことがよくあるのです。ということで、「お母さんたちの卒業式のスーツ選びのポイント」「少し大きめでおススメの服装とは?」「体型カバーしたいときこそこれはNG」「大きいサイズのスーツの選び方・買い方」「40代のお母さんにおススメのスーツの参考例はこちら」について。...
卒業式と入学式はスーツを着まわして1着でOK!賢いママのセレモニー服攻略法卒業式と入学式、スーツを着まわしできないかな?同じ衣装じゃダメかな?と考えてるママたちも多いのではないでしょうか。というわけで、「卒業式と入学式、同じスーツじゃだめ?」「着回しするならどんなスーツがいい?」「おしゃれに着まわすコツ」などについて調べてみました。...
【卒業式のネックレスでパール以外】マナーを守ったおしゃれなフォーマルアクセサリーの選び方卒業式や入学式ではもちろんフォーマルな装いが基本ですが、どんなスーツを着ようかな?と悩むことも多いですよね。服が決まっても、今度はアクセサリーの悩みも出てきます...というわけで、「卒業式の定番アクセサリーはパールだけ?」「パール以外ではどんなアクセサリーをつけたらいい?アクセサリーのマナーって?」「ネックレス以外のアクセサリーはどう?」「やっぱり定番はパールです。どんなものが良い?」について。...
【卒業式胸につける花(コサージュ)について】いる?いらない?親がつける場合の決まりってある?卒業式や入学式に参席したお母さんたちの胸にはきれいなコサージュが見えますね。とてもきれいですし、明るい雰囲気を醸し出してくれますが、ここで、このコサージュってそもそも何?どんな意味があるのかしら?みんなつけているけど、どうしても必要なものなのかしら?と疑問が...というわけで、「そもそもコサージュとは?コサージュはなぜつける?」「卒業式にコサージュはいる?いらない?」「卒業式に親がコサージュをつける場合、決まりはある?」「どんなのが良い?種類とおススメコサージュ!」について調べてみました。...

.

 

【卒業式】父親の服装の基本とは?

↑目次に戻る

卒業式に参加するお母さんたちの服装にもマナーがあるように、もちろんお父さんたちの服装にもマナーがあります。

「基本的にこういうスタイルが良い」というのがあるのですね。

それを紹介していきましょう。

 

スーツ

お母さんたちもスーツを着るので、お父さんもやはりスーツでしょう。

会社に着ていくようなビジネススーツで大丈夫です

ただ、

スーツの色には気をつけましょう。

お母さんたちも卒業式にはダークカラー系のスーツがほとんどです。

ということは、お父さんたちもダークカラー系が無難です。

ブラック、ネイビー、もしくはダークグレーなどが一般的ですね。

無地のものが無難ですが、薄いストライプが入っていても大丈夫です。

普段、スーツを着て出勤しているお父さんなら、特に新しいスーツを買わなくても、着ているもので大丈夫ですよ。

卒業式のある3月はまだ肌寒いこともあるので、スリーピースのベスト付きが良いかもしれませんね。

 

シャツ

中に着るシャツは白が一番のおススメで、「基本」という点では白一択です

ややこしい言い回しですいません^^;

今回のタイトルの「カジュアル」を考慮するとこうなりました。

 

要するに、

どんなジャケットにも合うのが白

ということです。

真っ白っていうのがどうも苦手という人は、薄いストライプが入っていても良いですし、または薄いブルーのシャツというのも良いでしょう。

どちらにしても淡い色になるので、襟汚れや袖口の汚れなどが見えないように、前もってきれいに洗濯しておきたいですね。

 

ネクタイ

式典などに参加するときのネクタイはシルバーが良いとされています

なので、

卒業式もシルバーのネクタイが無難です

でも、「シルバーはない…」というのであれば、グレーや控えめのグレーなどのネクタイを選んでみましょう。

柄はストライプやドット柄がおススメです。

シルバーやグレーじゃ面白くない、もっとおしゃれにしたいという場合には、薄めのピンクやラベンダー色、赤系の明るめの色を合わせてみても良いでしょう。

ネクタイ一つで雰囲気が明るくなりますよ。

 

ベルト

ベルトは手持ちのもので十分です、が、

もちろん派手な色や装飾はNGです。

しかし、ブラックやブラウンのベルトを持ってる人がほとんどだと思うので、そうしたものを使えば問題はありません。

 

靴はビジネスシューズで大丈夫ですが、結婚式などでも使える基本的なセレモニーの革靴の仕様は、

黒の内羽根式のストレートチップ

です。

ちなみにこちら↓


 

しかし、

今回の「カジュアル」という視点であれば、普段履いている革靴でも大丈夫です。

 

靴は人目に付かないと思ってる人も多いかもしれませんが、意外と注目されているものです。

なので、

普段使っている革靴で参加する場合は、靴のお手入れはしっかりしておきましょう

汚れはついていないか?
靴底はすり減っていないか?

などなど、

前日の夜に、靴を磨いておくと安心ですね。

 

靴下

え?靴下まで見られる?

そうです。
学校によっては、校内に入るときには内履きに履き替えるように指定されることもあります。

そういう案内があればスリッパを持参しましょう…

 

はい、ここです。

 

スリッパを履いていると靴下は丸見えです。

足元のメインといっても過言ではない状況になります。
もう黒の内羽根式のストレートチップの革靴さんは守ってくれません。

日本の靴を脱ぐという習慣をあなどってはいけません。

 

また、靴をはいたままでも椅子に座って足を組んだりしても靴下は見えます。

それらの場合に、

靴下が真っ白だったらどうでしょう?
靴下に穴が空いてたらどうでしょう?

白の靴下は清潔感があってよいのですが、周りはダークカラー系のスーツの人ばかり。
穴は論外です。

自分もそのダークカラーで身をまとっているのに靴下だけ白って…

当然浮いてしまいますよね。NGです。

なので、

黒、ネイビー、グレーなど、スーツや靴に合わせて靴下を選びましょう

黒やネイビーが無難ですよ。

柄は無地もしくはドット系くらいならいいかもしれませんが、あまり目立つものはおススメしません。

 

ポケットチーフ

胸のポケットにポケットチーフがあるかないかで、ずいぶんとその雰囲気が変わります。

ポケットチーフがあると「明るい雰囲気」になるのである方が良いですね。

こちら


「普段しているから大丈夫!」という人のほうが少数で、「いやー、ポケットチーフは…」と抵抗がある人のほうがほとんどだと思いますが、意外に付けてみるとしっくりくるものです。

また、

家の鏡の前で違和感があっても、式場だと違和感なく馴染むものです

お父さんのおしゃれ度をアップさせることもできるので、この機会にぜひトライしてみましょう。

↑目次に戻る

 

【卒業式】父親はカジュアルスタイルじゃだめ?お父さんのNGな服装について

↑目次に戻る

お父さんの卒業式での服装はビジネススーツで十分なのですが、

「ガチガチのスーツよりも、もうちょっとカジュアル寄りでもいいんじゃない?」

そんな風に思ってるお父さんもいるのではないでしょうか?

ビジネススーツでなくても、テーラードジャケットにスラックスといったように正装ではないけれど、落ち着いた服装で参加するお父さんもいるでしょう。

もちろん落ち着いた服装であれば大丈夫なのですが、

これはあきらかに場違いじゃない?

というような服装もあるので、チェックしてみましょう。

 

カジュアルすぎる服装

ジャケットにスラックス。

このくらいなら…まだ…大丈夫だと思います^^;

が、

すっかりカジュアルになってしまうと、それはNGですね。

例えば、ジーンズにスニーカーなんていうスタイルです。

「カジュアルなデニムのジャケットにコットンパンツ」

なんていうのもNGですよ。

卒業式はセミフォーマルな式典で、主役はお子様です

それにふさわしい装いで参加することが、「主役」や「場」に対する礼儀という自覚を持ちましょう。

 

派手すぎるスーツ

スーツならいいでしょ?

と思いがちなのですが、スーツなら何でもいいというわけじゃないんですね。

派手な色や柄のスーツはNGです。

完全に周りから浮いてしまいます。

周りはダークカラー系のスーツを着た人ばかりなのですからね^^;

チェック柄とかダークカラー系以外の色のスーツなどは避けたほうが良いですね。

 

礼服

黒いスーツなら礼服でもいいか?

そういう質問もよくあるあるのですが、礼服も卒業式には避けたほうが良いのです。

同じ黒だといっても、

「ビジネススーツの黒」と「礼服の黒」はしっかりと違います

礼服を着ると、明らかにビジネススーツと違うことがわかってしまいます。

それで浮いてしまうこともあるので、「礼服もNG」ということを覚えておいてください。

 

カラーシャツ、柄シャツ

おしゃれしたいからといって、シャツをカラーシャツにするのもどうでしょう。

薄いブルーや薄いピンクなどであればまだ良いのですが、派手な色、くっきりとストライプのラインが入っているものなど、とにかく目立つものはNGです。

逆に目立たないけど暗い色ってありますよね。

黒とか紺とか濃い色です。

こうしたシャツも暗くなりすぎなのでNGなのです。

 

ネクタイのNGは?

ネクタイの基本はシルバーやグレーなどですし、それ以外には薄いピンクなどおとなしい色であれば問題はないでしょう。

が、派手すぎるネクタイは問題です。

デザインも派手になってくると、目立ってしまい、誰が主人公かわからなくなりますね。
落ち着いた色、目立たない色のネクタイを合わせましょう。

また、ノーネクタイでもいいかな?と考えてる人、これもNGです。

ビジネスの場でもノーネクタイの風潮が強くなってきましたが、卒業式に参加するときには、きちんとネクタイをした方が良いですね。

もう一つネクタイで気を付けたいのは、白や黒の単色のネクタイです。

白や黒の単色のネクタイは冠婚葬祭に使うものなので、卒業式には場違いになります。

一人浮いてしまわないよう、気をつけましょうね。

 

目立つアクセサリー

男性はアクセサリーをつけるということがあまりないと思いますが、中には太いチェーンのブレスレットをしていたり、ゴールドのネックレスをしていたりする人もいますよね。

おしゃれという面ではわかりますが、卒業式には似合わないので、そうしたアクセサリーもつけていかないほうが良いのです。

結婚指輪などは大丈夫なので、そのくらいにとどめておきましょう。

また、春先ですから、サングラスをして卒業式に行く人はいないと思いますが、念のため。

サングラスも卒業式という式典には不向きなアイテムなので、これもやめましょう。

↑目次に戻る

 

おしゃれなお父さんのカジュアルな着こなし

↑目次に戻る

基本に忠実にスーツやシャツ、ネクタイを選んでも、十分におしゃれに着こなすことができます。

 

ストライプのスーツ

薄めのストライプのスーツなら良いのですが、思い切ってネイビーに白いストライプなんかも上手に着るとおしゃれ感をアップさせることができるんです。

スーツだけで華やかな雰囲気を出すことができ、高級セレブのような品格を演出することもできます。

また、シンプルだけどもおしゃれと思われる装いでもあるので、ストライプのスーツもおしゃれに着こなしてみてはいかがでしょうか。


 

黒のスーツ

黒のビジネススーツは一歩間違うと喪服のように見えてしまうのですが、着こなしによってはセンスの良いお父さんを演出することができるんです。

黒のスーツは、

  • 父親らしい厳格な印象を与える
  • シンプルで無難なので着こなしやすい
  • いろんなネクタイを合わせることができる
  • 引き締まった印象を与える

といったメリットがあるんですね。

この黒のスーツに、明るめグレーのネクタイを合わせるとエレガントな雰囲気を出すことができます。

シャツは白が良く似合います。

レジメンタルタイを合わせてもとても素敵ですよ。


ネクタイ

ネクタイは無地のものが無難ではありますが、日本では一番人気のレジメンタルタイはどんなスーツにも合わせやすいネクタイなので、1本持っているといろんな場で使えて便利です。


 

またドット柄のネクタイも人気ですね。

スーツに合わせて色を選んでみると良いでしょう。


 

インナーのベストをニットにしてみる

インナーとしてシャツの上にベストを着るスリーピースも良いのですが、Vネックのニットのベストやカーディガンにしてもかっこよさを見せることができます。

特に、室内が暖かくてジャケットを脱いだ時に、上品なカーディガンやセーターが見えると、自然でおしゃれ感がただよいます。

グレーやネイビーなどスーツの色に合わせて着ると「やわらかい優しいお父さん」といった印象を演出できます(個人の感想です)。


 

アクセサリー

NGなアクセサリーのお話はしてきましたが、おしゃれなアクセサリーってあるのでしょうか?

目立たないけれど、どこかおしゃれだというのが良いですよね。

例えばカフスボタン。

必ず必要というわけではなけれど、つけているとドレッシーな印象になり、ステキですよ。

また、ネクタイピンも合わせてつけてるとさりげないおしゃれが光ります。

先にもポケットチーフがおしゃれだと書きましたが、ネクタイの色に合わせるとおしゃれ感をアップさせることができますよ。


 

こんなシルバーでシンプルなネクタイピンとカフスですが、いつものスーツもスタイリッシュになりますよ。

 

夫婦で雰囲気を合わせる

これも一つのポイントです。

お母さんが忙しくてお父さん一人で参加するなら、特に気を遣うことはないでしょうが、夫婦で参加するというときには、お母さんの服装と雰囲気を合わせる必要があります。

お母さんたちも卒業式の服装はダークカラー系のスーツなので、合わせやすいと思いますよ。

例えば、お父さんはネイビーのスーツで、お母さんはグレーのスーツというのも良いですし、同色系のスーツで合わせても良いですよね。

お母さんがつけるコサージュの色に合わせてお父さんのネクタイやポケットチーフの色を選ぶというのも良いかもしれません。

一緒に写真を撮ることを考えてみたら、どんな風に合わせたらいいか考えやすいかと思います。

 

身だしなみチェック

普段から身だしなみに気を付けているお父さんなら大丈夫でしょう。

  • 髪型は大丈夫か?
  • ヒゲはちゃんときれいに処理できているか?
  • 眉毛も整っているか?
  • 靴下にダメージはないか?
  • 口臭は問題ないか?

などといった基本的身だしなみもチェックポイントになりますよ。

そして、

「ママ友はこんなとこまで見てる」というポイントは、

「爪」です。

しっかり整えておきましょう。

 

例えばこんな組み合わせ

というわけで、具体的に2パターンほど選んでみました。
参考にしてみてください。

ネイビースーツ

白のシャツ

ラベンダーのネクタイ

これだけでも、ドレッシーでおしゃれな感じになるんですよ。

もちろん、靴下や靴も合わせてくださいね。

グレーまたはチャコールグレー

白シャツ

ダーク系小紋柄ネクタイ

グレーのスーツは安心感を与えてくれます。

また、知的な印象も与えてくれますし、こうした組み合わせで着てみるとフォーマル感がアップしますよ。

↑目次に戻る

会社をやめても一生食べていけるすごい資格で比較的簡単なものジャンル別16選!「老後も心配だし一生食べて行ける資格ないかな...」「できれば簡単にとれるものが...」こんな思いを持ってる人は多いはずです。こんな時、「どんな資格をとろうかな?」と考えるものです。ということで、7つに分類して、資格の中でも比較的簡単にとれる(習得できる)ものを選んで調べてみました。...

 

まとめ

↑目次に戻る

お子さんの卒業式に参加するお父さんたちも増えてきましたね。

かっこよく決めたい!と意気込むのも良いのですが、派手なもの、目立つものは控えて、上品だけれどもおしゃれ感が高い、そんな着こなしをしたいものですね。

卒業式の主役はあくまでお子さんですから、そんなお子さんの成長を見届ける父親としての立場を自覚しつつ、おしゃれに着こなしてほしいなと思います。

お子さんの卒業式を控えたお父さんたちのお役に立てれば幸いです。

↑目次に戻る

【卒業式のスーツ】母親40代で体型カバーできる服装は?大きいサイズの選び方やコツは?入学式に着たスーツがあるから大丈夫~なんて思ってたら、お母さんの体型は変わりやすいものです。そこから「卒業式のスーツで、母親40代で、体型カバーできる服装は?」「ぽっちゃりもカバーできる服装は?」とあたふた...っていうことがよくあるのです。ということで、「お母さんたちの卒業式のスーツ選びのポイント」「少し大きめでおススメの服装とは?」「体型カバーしたいときこそこれはNG」「大きいサイズのスーツの選び方・買い方」「40代のお母さんにおススメのスーツの参考例はこちら」について。...
卒業式と入学式はスーツを着まわして1着でOK!賢いママのセレモニー服攻略法卒業式と入学式、スーツを着まわしできないかな?同じ衣装じゃダメかな?と考えてるママたちも多いのではないでしょうか。というわけで、「卒業式と入学式、同じスーツじゃだめ?」「着回しするならどんなスーツがいい?」「おしゃれに着まわすコツ」などについて調べてみました。...
【卒業式のネックレスでパール以外】マナーを守ったおしゃれなフォーマルアクセサリーの選び方卒業式や入学式ではもちろんフォーマルな装いが基本ですが、どんなスーツを着ようかな?と悩むことも多いですよね。服が決まっても、今度はアクセサリーの悩みも出てきます...というわけで、「卒業式の定番アクセサリーはパールだけ?」「パール以外ではどんなアクセサリーをつけたらいい?アクセサリーのマナーって?」「ネックレス以外のアクセサリーはどう?」「やっぱり定番はパールです。どんなものが良い?」について。...
【卒業式胸につける花(コサージュ)について】いる?いらない?親がつける場合の決まりってある?卒業式や入学式に参席したお母さんたちの胸にはきれいなコサージュが見えますね。とてもきれいですし、明るい雰囲気を醸し出してくれますが、ここで、このコサージュってそもそも何?どんな意味があるのかしら?みんなつけているけど、どうしても必要なものなのかしら?と疑問が...というわけで、「そもそもコサージュとは?コサージュはなぜつける?」「卒業式にコサージュはいる?いらない?」「卒業式に親がコサージュをつける場合、決まりはある?」「どんなのが良い?種類とおススメコサージュ!」について調べてみました。...
会社をやめても一生食べていけるすごい資格で比較的簡単なものジャンル別16選!「老後も心配だし一生食べて行ける資格ないかな...」「できれば簡単にとれるものが...」こんな思いを持ってる人は多いはずです。こんな時、「どんな資格をとろうかな?」と考えるものです。ということで、7つに分類して、資格の中でも比較的簡単にとれる(習得できる)ものを選んで調べてみました。...
【喪服スーツでいい?】初めてのお葬式やない場合でも困らないマナーや基礎知識  お葬式は、突然訃報を受けて慌てて支度をしてお通夜や葬儀にかけつけるということがほとんどです。こういう時に一番気になるのが「服装」なんです。女性の場合だと、髪型やメイク、アクセサリーまで気になりますよね。ということで、「喪服の代わりにスーツでもいい?喪服とスーツの違いについて」「服装や持ち物のマナー」といった、初めてのお葬式でも困らない服装のことを調べてみました。...
つくし
つくし
以上!
今回はここまで!

COMMENT